いただきます編集部

いただきます編集部の日誌

  • 「かま屋通信」6月号
    「かま屋通信」6月号

    『かま屋 通信』2020年6月号
    「今、原点に立ち返る」

    こんにちは。いただきます編集部です。 フードハブの近況や取り組みをお届けする『かま屋通信6月号』が完成しました! 今月の特集は、真鍋(支配人)の記事。ぜひご一読ください。

    「かま屋通信」6月号
    「かま屋通信」6月号

    詳しく読む

    かま屋通信

    2020年6月9日(火)

    詳しく読む

  • 新居久子さん
    新居久子さん

    里山の会からの手紙 2020年6月号
    新居 久子さん

    春・夏野菜の栽培に一生懸命 5月の連休も終わり、夏を思わせる日が続く今日。新型コロナウィルス感染者は減少傾向にありますが、安心はできません。ワクチンが開発され、1日も早い終息を願うばかりです。徳島県は5月14日に緊急事態宣言が解除されました。里山の会の会員は、春・夏野菜の栽培に一生懸命取り組んでいます。 かま屋は4月26日から通常営業を自粛しテイクアウトをしているそうですが、再開するまで頑張って皆で力を合わせてしのいで下さい(5月27日より営業を再開しました)。里山の会も陰ながら応援しております。

    新居久子さん
    新居久子さん

    里山の会

    2020年6月2日(火)

  • 上地 公一さん
    上地 公一さん

    里山の会からの手紙 2020年5月号
    上地 公一さん

    残り少ない自分の人生なので!

    上地 公一さん
    上地 公一さん

    詳しく読む

    里山の会

    2020年5月21日(木)

    詳しく読む

  • かま屋通信のバックナンバーをスクラップしてくださっているお客さんも。
    かま屋通信のバックナンバーをスクラップしてくださっているお客さんも。

    まちの人が読む風景を想像してできた
    日常に馴染む新聞風のデザイン

    こんにちは、はじめまして。東京でデザインの仕事をしている石橋剛といいます。かま屋とかまパンのロゴマークや、食料品のパッケージ、そしてこのかま屋通信のデザインなどをしています。

    かま屋通信のバックナンバーをスクラップしてくださっているお客さんも。
    かま屋通信のバックナンバーをスクラップしてくださっているお客さんも。

    詳しく読む

    かま屋通信

    2020年5月19日(火)

    詳しく読む

  • 「かま屋通信」5月号
    「かま屋通信」5月号

    『かま屋 通信』2020年5月号
    「かま屋通信」のデザインとは?

    こんにちは。いただきます編集部です。 フードハブの近況や取り組みをお届けする『かま屋通信5月号』が完成しました! 今月の特集は、デザイナー石橋さんの記事。毎月皆さんにお届けしているこの「かま屋通信」はどんな思いで作られているのか。ご一読ください。

    「かま屋通信」5月号
    「かま屋通信」5月号

    詳しく読む

    かま屋通信

    2020年5月16日(土)

    詳しく読む

  • 植田 彰弘さん
    植田 彰弘さん

    里山の会からの手紙 2020年4月号
    植田 彰弘さん

    「つくる豊かさ」に触れる時間 今冬は自分たちで育てた大豆から味噌と豆腐を作ったり(おからで卯の花も!)、蕎麦も栽培し田舎蕎麦を打ちました。 味噌や蕎麦も商店で買えば “◯百円” ですが、ひとたび作るとなれば多くの手間がかかります。身に染み付いた「お金で買う」環境が、「ものを作る」という大切な時間を少なくしていることに改めて気づく機会となりました。大豆や蕎麦の実といった原材料を育てる経験、その土地に根付く味噌の味、蕎麦の打ち方などの知恵や技術は、買うことから学ぶのは難しいはずです。 僕らも、この経験に一度きりで満足せず、「つくる豊かさ」に触れる時間を細く長く続けて、多くの仲間と「食べる喜び」を楽しんでいけたらと思っています。

    植田 彰弘さん
    植田 彰弘さん

    里山の会

    2020年4月6日(月)

  • 「かま屋通信」4月号
    「かま屋通信」4月号

    『かま屋 通信』2020年4月号
    「日々の暮らしは農業につながる」

    こんにちは。いただきます編集部です。 フードハブの近況や取り組みをお届けする『かま屋通信4月号』が完成しました! 今月の特集は、フードハブを退職した大東の記事。引き続き、まちの農業をつないでいくために奮闘しています。ご一読ください。

    「かま屋通信」4月号
    「かま屋通信」4月号

    詳しく読む

    かま屋通信

    2020年4月1日(水)

    詳しく読む

  • 地産地食の料理講習会から学ぶ「エシカル消費」

    城西高校神山校で家庭科の授業を担当している杉山優子です。

    詳しく読む

    授業レポート

    2020年3月14日(土)

    詳しく読む

  • 森 三千子さん
    森 三千子さん

    里山の会からの手紙 2020年3月号
    森 三千子さん

    「作物づくりは一生の課題」 今年の冬は、どこへ行ったのかなぁ?今年の収穫はどうだろうと、異常気象が心配になる今日この頃です。畑の準備やら作柄やら、冬の頃から色々考え、今年の加工品はそうしたら良いかとかれこれ考えるのもの春先の楽しみのひとつ。とにかくいろんな人と話をする中で、新しい発見があり、レシピも広がり楽しくなります。 近年では苦労して作った作物が、鳥獣被害に遭う度に辛くなります。今ある土地を生かして出来るだけ荒らさないように、うまく次の世代に繋いでいくことが、私の一生の課題だと思っています。 有機栽培は失敗の繰り返し。ふと立ち止まり、深呼吸。そしてまた、次から頑張ろうと日々思っている途中です。作物づくりはなかなか難しく、一生の課題になりそうです。時には休憩もしながらね。

    森 三千子さん
    森 三千子さん

    里山の会

    2020年3月9日(月)

  • 塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)
    塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)

    ふるさとの味になる。それはどんなクロワッサン?

    こんにちは、塩見聡史と申します。表題の『クロワッサン』の話の前に、簡単に自己紹介をさせてください。

    塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)
    塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)

    詳しく読む

    2020年3月5日(木)

    詳しく読む

前へ次へ 閉じる