いただきます編集部

いただきます編集部の日誌

  • 植田 彰弘さん
    植田 彰弘さん

    里山の会からの手紙 2020年4月号
    植田 彰弘さん

    「つくる豊かさ」に触れる時間 今冬は自分たちで育てた大豆から味噌と豆腐を作ったり(おからで卯の花も!)、蕎麦も栽培し田舎蕎麦を打ちました。 味噌や蕎麦も商店で買えば “◯百円” ですが、ひとたび作るとなれば多くの手間がかかります。身に染み付いた「お金で買う」環境が、「ものを作る」という大切な時間を少なくしていることに改めて気づく機会となりました。大豆や蕎麦の実といった原材料を育てる経験、その土地に根付く味噌の味、蕎麦の打ち方などの知恵や技術は、買うことから学ぶのは難しいはずです。 僕らも、この経験に一度きりで満足せず、「つくる豊かさ」に触れる時間を細く長く続けて、多くの仲間と「食べる喜び」を楽しんでいけたらと思っています。

    植田 彰弘さん
    植田 彰弘さん

    里山の会

    2020年4月6日(月)

  • 「かま屋通信」4月号
    「かま屋通信」4月号

    『かま屋 通信』2020年4月号
    「日々の暮らしは農業につながる」

    こんにちは。いただきます編集部です。 フードハブの近況や取り組みをお届けする『かま屋通信4月号』が完成しました! 今月の特集は、フードハブを退職した大東の記事。引き続き、まちの農業をつないでいくために奮闘しています。ご一読ください。

    「かま屋通信」4月号
    「かま屋通信」4月号

    詳しく読む

    かま屋通信

    2020年4月1日(水)

    詳しく読む

  • 地産地食の料理講習会から学ぶ「エシカル消費」

    城西高校神山校で家庭科の授業を担当している杉山優子です。

    詳しく読む

    授業レポート

    2020年3月14日(土)

    詳しく読む

  • 森 三千子さん
    森 三千子さん

    里山の会からの手紙 2020年3月号
    森 三千子さん

    「作物づくりは一生の課題」 今年の冬は、どこへ行ったのかなぁ?今年の収穫はどうだろうと、異常気象が心配になる今日この頃です。畑の準備やら作柄やら、冬の頃から色々考え、今年の加工品はそうしたら良いかとかれこれ考えるのもの春先の楽しみのひとつ。とにかくいろんな人と話をする中で、新しい発見があり、レシピも広がり楽しくなります。 近年では苦労して作った作物が、鳥獣被害に遭う度に辛くなります。今ある土地を生かして出来るだけ荒らさないように、うまく次の世代に繋いでいくことが、私の一生の課題だと思っています。 有機栽培は失敗の繰り返し。ふと立ち止まり、深呼吸。そしてまた、次から頑張ろうと日々思っている途中です。作物づくりはなかなか難しく、一生の課題になりそうです。時には休憩もしながらね。

    森 三千子さん
    森 三千子さん

    里山の会

    2020年3月9日(月)

  • 塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)
    塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)

    ふるさとの味になる。それはどんなクロワッサン?

    こんにちは、塩見聡史と申します。表題の『クロワッサン』の話の前に、簡単に自己紹介をさせてください。

    塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)
    塩見(奥)と笹川(かまパン製造責任者)

    詳しく読む

    2020年3月5日(木)

    詳しく読む

  • 「かま屋通信」3月号
    「かま屋通信」3月号

    『かま屋 通信』2020年3月号
    「ふるさとの味になる。それはどんなクロワッサン?」

    こんにちは。いただきます編集部です。 フードハブの近況や取り組みをお届けする『かま屋通信3月号』が完成しました! 今月の特集はパン商品開発担当の塩見さんによるクロワッサン開発のストーリーです。

    「かま屋通信」3月号
    「かま屋通信」3月号

    詳しく読む

    かま屋通信

    2020年3月3日(火)

    詳しく読む

  • 谷サキ子さん
    谷サキ子さん

    常連・谷さんが選ぶ、カンパーニュ。

    「かまパンのパンの話」、今月は谷サキ子さん(神山町在住)にお話を伺いました。

    谷サキ子さん
    谷サキ子さん

    詳しく読む

    食べる

    2020年2月10日(月)

    詳しく読む

  • 古庫久代さん
    古庫久代さん

    里山の会からの手紙 2020年2月号
    古庫久代さん

    「今年チャレンジしたいこと」 一年で一番寒く冬の寒さが身に染みる季節です。寒風を利用して今年もまた切干大根等を作っているこの頃です。 昨年末、親類より白菜の糠漬けを沢山もらいました。あっさりした味が美味しいです。自分が作った漬物と一緒に箸休めにいただいています。嫁や娘にお裾分けすると「美味しい」と好評。作り方を教えてもらい漬け込んでいるところ。糠漬け等の発酵食品は整腸に良いそうです。次世代に繋げていきたい伝統食の一つですね。 今年は、興味を持ちながらもやったことのなかった糠床作りを先輩たちに学びながら挑戦したいと思います。自分の育てた季節の野菜を糠床に漬け、美味しくいただき、子供たちに届けられたら幸せです。元気で野菜作りや料理作りができることに感謝しながら。

    古庫久代さん
    古庫久代さん

    里山の会

    2020年2月7日(金)

  • 「かま屋通信」2月号
    「かま屋通信」2月号

    『かま屋 通信』2020年2月号
    「『おいしい』はかま屋での日々の積み重ねから」

    こんにちは。いただきます編集部です。 フードハブの近況や取り組みをお届けする『かま屋通信2月号』が完成しました! 今月の特集は2019年末で退職した加地(料理人)による「かま屋、神山でわたしが得たもの」です。加地の1年8ヶ月分の思いのこもった記事をぜひご一読ください。

    「かま屋通信」2月号
    「かま屋通信」2月号

    詳しく読む

    かま屋通信

    2020年2月5日(水)

    詳しく読む

  • 試行錯誤のチヂミ販売!
    城西高校神山校の加工品プロジェクト

    徳島県立城西高等学校神山校の保積と申します。2年生の学校設定科目「神山創造学」の4つのプロジェクトの中の一つである、「加工品プロジェクト」の取組について紹介させていただきます。

    詳しく読む

    授業レポート神山のこと食育

    2020年1月5日(日)

    詳しく読む

前へ次へ 閉じる