食べるレシピ

  • 【レシピ】おいしく食べよう!デイブの神山トマトソース

    こんにちは!みなさん、”デイブの神山トマトソース”はもう召し上がりましたか? “Chef in Residence”プログラムで、神山滞在中のNY出身のシェフ、デイブ。彼がレシピを考えた、”デイブの神山トマトソース”は、”つなぐ農園”で育てた旨味たっぷりのトマトと、にんにく・玉ねぎを使ったソースです。

    詳しく読む

    Chef in Residenceレシピ食べる

    2018年11月29日(木)

    詳しく読む

  • かま屋メンバーによる “わたしのすだちの使い方”

    何にかけてもおいしいすだち。お魚やお肉、炭酸水やビールにきゅっと絞ったり、お酢の代わりに料理に使ったりと、まさに万能選手。使い方は十人十色ですが、今回は4人のかま屋のメンバーがそれぞれの視点でご紹介します。 もしかしたら意外な使い方があるかも?! みなさんも「こんな使い方あるけん」などあれば、かま屋メンバーに教えてくださいね。 細井恵子(料理長) 神山に来てから何にでもすだちを使うようになりましたが、私のおすすめは牛乳に絞ること。コップ一杯の牛乳にすだちを1~1.5個くらいきゅっと絞ります。酸の作用で飲むヨーグルトのようにとろりとします。お好みではちみつやメープルシロップを入れると美味しいです!牛乳が苦手な方でも飲みやすくなりますよ。他、意外なところではお風呂に入れてすだち湯を楽しんでも。 デイブ(シェフ・イン・レジデンスで神山滞在中) 神山に来て初めてすだちを知り、すだちの香りや酸味がとても気に入ってるよ。前菜からメイン、デザートにいたるまで様々な料理に使ってる。特にその中でもおススメは、焼きおにぎりの仕上げに果汁と皮をかける使い方。ハーブとバターを混ぜて作ったハーブバターをスライスしておにぎりの上に乗せて、薄口醤油とネギ、プチトマトを乗せたら仕上げにすだち。これで、特性美味しい焼きおにぎりの出来上がり! 焼きおにぎりに香りと美味しさをプラスしてくれる、とっても美味しいすだちの使い方!皆さんもぜひ、試してみてください。 中野公未(料理人) 東京の飲食店で働いていた頃は高級食材だったすだち。神山に来て日常的に使える事が今でも贅沢だと感じます。そんな私が一番のお気に入りは、地域の人に教えて頂いた『お漬物&もろみ&すだち』の組み合わせ! 胡瓜や白菜の浅漬けに、もろみをかけて上からすだちをキュッと絞ります。すだちの香りともろみのしょっぱさが絶妙!シンプルで美味しい神山の家庭の味が大好きです。 加地美咲(料理人) アジの南蛮漬けに、玉ねぎ、人参などのお野菜と一緒にうすーく切ったすだちのスライスをいれて、そのまま一緒に食べるのがオススメ。すだちの皮のほろ苦さが魚によく合うのです!うすーく切るのがポイント。そして果汁もたっぷりと!がおいしいです。秋の夜長にすだち南蛮。お試しください!

    かま屋通信レシピ食べる

    2018年10月1日(月)

  • 小さな町ごとに、小さなかたちで
    – Chef in Residence 滞在記 #01 川本真理 –

    今年の1月中旬から1ヶ月間、シェフ・イン・レジデンスでかま屋料理人として働いていた川本真理です。料理人ですが、ピアノ弾きでもあります。 私は料理が学びたくてイタリアのレストランの厨房で3年間働いていました。その間に、Nomadic Kitchen の Instagram からフードハブの取り組みを知り、帰国してすぐに徳島県神山町へ向かい、その縁から約1ヶ月のシェフインレジデンスがはじまりました。 今回は私が神山シェフ・イン・レジデンスで体験したことや、そこにいたるまでの経緯についてお伝えしたいと思います。

    詳しく読む

    Chef in Residenceレシピ

    2018年8月9日(木)

    詳しく読む

前へ次へ 閉じる