NPO法人 まちの食農教育

フードハブ・プロジェクトの食農教育部門が
2022年3月、NPOとして独立しました。

設立の目的

「風景の見え方が変わった」
「端っこにあったものが真正面に見えるようになった」
農体験を経た中学生の言葉です。

食べものを育てること、種をつなぐことは想像以上の時間や手間がかかります。
いつでもどこでも簡単に食べものが手に入る時代だからこそ、
「農」は「食」を支える基盤であることを
「体験」を通して実感する機会が必要であると考えます。

土に触れ、五感をはたらかせること。
人や生き物に出あい、いのちの循環を知ること。
ものごとの背景や社会の仕組みに目を向けること。

子どもから大人まで幅広い世代に対して
「知る、考える、やってみる」機会を提供し、
食を支える営みを持続可能にする担い手や
一次産業のよき理解者が育つ社会をつくっていきます。

これまでの取り組み

2016年の立ち上げ以降、フードハブ・プロジェクト食育部門では、神山校の「お弁当プロジェクト」から始まった高校との連携、「先生スタディツアー」をきっかけに、小学校や保育所と連携した農体験のプログラムが始まりました。
神山校(城西高校分校)では、神山創造学や課題研究という授業の中で、主に食農プロデュースコースに関連する取り組みに関わっています。「まめのくぼプロジェクト

上段左より 保育所・畑づくり/小2小3・大豆の栽培|下段左より 小4・泥んこ遊び(人間代かき)/小2・ぼかし肥料づくり/小1・農家さんになる体験

上段左より イベント・神山給食プロジェクト/神山校・お弁当プロジェクト|下段左より 小5・もち米栽培/神山校・まめのくぼプロジェクト 小麦の栽培/神山校・小麦を使った調理(パン職人を招いて)

 

これから育てていきたい「学校食」のあり方

2022年4月よりフードハブ・プロジェクトが神山町の学校給食の調理業務を担うことになりました(参照)。

農体験、食育、給食というそれぞれの取り組みを通して、子どもたちの食に関する学びに一体感が生まれるよう、NPOではあたらしい「学校食」のあり方を考えていきます。また、「学校食」の実践を柱に、大人向けの食育事業や、伝えるための食農メディアもつくっていく予定です。

メンバー

代表メッセージ

体験を通した「実感」が人をつくっていく

日々の食事に目を向けると、多くの関係性の中で私たちもまた生かされていることに気づきます。

分業化された暮らしの中では、ものごとや資源の循環、つながりを見聞きしたり、「実感」したりする機会は多くありません。だからといってスローガンのような暗誦しやすい言葉だけが子どもたちの行動目標にならないように、と思っています。

種まきから収穫までの農産物の成長。それらを調理して摂り入れ、排泄するまでの体の働き。自然の循環や生き物も含めれば、「食環境」は壮大な探究テーマになり得ます。

食農教育は、実生活とつながる学びです。
体験を通して自分なりの「見方」を獲得し、社会や自然との関係を見つけけた子どもたちは、学ぶことが意味をもつと実感し、「学び続ける力」を培っていくのではないでしょうか。

食農体験やつくり手との出会いが、子どもたちの人生を楽しくおいしく自分らしく照らしていく、その手がかりの一つになることを願っています。
子どもたちだけでなくわたしたち大人も、
食べることを通して、今いる場所を元気にしていくような食のあり方をともに探究し、その姿を子どもたちに見せていきましょう。

まちの食農教育 代表理事(予定)
樋口 明日香

ご支援のお願い

いただいたご寄付は、各種食農教育プログラムの開発・実施、ウェブサイトの制作、広報誌の発行等に大切に使わせていただきます。

マンスリーサポーター

月 1,000円からマンスリーサポーターになっていただけます。マンスリーサポーターの皆様には、定期的な活動報告に加え、限定イベントの開催も企画しております。 ▶︎▶︎ こちらから

スポット寄附

継続的なサポートではなく、今回のみの単発のご支援も可能です。わたしたちの活動に関わっていただく最初の一歩として、ぜひご検討ください。▶︎▶︎ こちらから

ふるさと納税

ふるさと納税を通じて、わたしたちの活動をご支援いただくこともできます。▶︎▶︎ こちら から

勉強会のご報告

2022年4月の食農教育NPO立ち上げに向けて、全3回の勉強会を開催しました。目的は、NPOの立ち上げについてみなさんに知ってもらうことと、参加者のみなさんからも期待や課題感を聞かせてもらうこと。そして、NPOが目指すこれからの「食農教育」について一緒に学び、考えていく場を持つことです。

▶︎ 勉強会の振り返りレポートは順次UPしていきます。
こちらよりご覧ください。

前へ次へ 閉じる