• Food Hub Porject
  • かま屋

今日のご馳走

6月24日

徳島 名西郡 神山町

晴れ

-

-%

井上味噌さんが、若い職人と復活させた味噌用の木樽。 神山の杉、神山の竹で木樽つくって 神山の大豆、神山の米麹でかま屋の味噌つくりたい @kaorushiramomo 農業長どうでしょう? #foodhubproject #foodhub #今日のご馳走

今日の「石がけハウス」

神山町役場と連携して神山の地形を利用した農業の実証実験を行っています。

気温

気温

-

湿度

湿度

-%

「野菜の美味しさ=甘さ」じゃないと考えているのですが、
今日だけは、その言葉をおいといて
石がけハウスの初物のトウモロコシ
採りたてを生で食べると本当に甘く出来上がっています!!
少量づつですが、かま屋やかまパン&ストアで販売していきます。

イベント

料理教室、ものづくり、農体験、食べること。つくり手と一緒に子供も、大人も。

活動日誌

フードハブ・プロジェクトの活動をメンバーが日替わりで更新中。

映画「カレーライスを一から作る」を城西高校神山分校の生徒たちと一緒に観ました。

城西高校神山分校  ×  フードハブ フードハブ・プロジェクトの学校連携の始まりは、地域の唯一の高校(農業高校)である城西高校神山分校の生活科2年生(現3年生)の生徒たちと一緒に取り組んだお弁当づくりでした。 昨年度は、お弁当の内容を考え、材料を選び、作る、という流れを経験しましたが、今年度は「お弁当を一から作ろう」と考えています。つまり、お米や野菜を育てるところから。 そんな中、「カレーライスを一から作る」というドキュメンタリー映画の存在を知りました。 先生に相談したところ、全校生徒で一緒に見る場を設けていただき、5月31日上映会を開催しました。

つづきを読む

フードハブとは

地産地食 Farm Local, Eat Local

地産地食をモットーに、地域で一緒に食べることで「関係性」を育て、神山の農業と食文化を次の世代につないでいきます。プロジェクト発足の経緯や目的などを詳しくご紹介します。

育てる社会的農業の取り組み。

地域に貢献する「社会的農業」の実現を目指し日々農業に取り組んでいます。フードハブ・プロジェクトの育てる部門の活動や神山での新規就農研修制度についてご紹介します。

つくるみんなの手でつくりあげる。

神山には1978年に出版された「神山の味」という素晴らしい郷土料理と食文化の本があります。この本を軸に「土産土法」を意識し、料理だけにとどまらない土地の文化と人と食をめぐるモノづくりをご紹介します。

食べる神山の農業を、食べて支える。

神山の農業を次の世代につなぐため、地域の農作物をふんだんに使った「食堂・パン・食品店」を運営しています。私たちは「美味しい」という人が本来持つ感覚を大切にし、つくり手と話し合い、提供しています。

つなぐ学んでいく、教えていく、考えていく

一緒に種から育てて、調理して食べて、つぎにその種を受け継いでいく。地域の農家さんや作り手と協力し、「循環」をテーマにしたフードハブの食育の取り組みをご紹介します。

しゃえんもん隊

農作業を一緒にしたり、作付け会議に参加したり。神山の農業を一緒に育ていくボランティアチームの募集です。まなかい制度があったり、収穫祭に参加できる隊員ならではの特典有り!

かま屋 食堂・パン・食品

【営業のお知らせ】<定休日>月+火(月祝は営業)<食堂> モーニング 8:00 - 10:00|昼ごはん 11:00 - 14:00 (売り切れ次第終了)|お茶の時間 14:00 - 17:00|晩ごはん 18:00 - 21:30 (L.O.21:00) <パン・食品>09:00 - 18:00

今日の献立

6月24日(土)

2017/06/21 本日の主菜は「じゃがいもと阿波美豚のコロッケ」 つなぐ農園のじゃがいももたくさんできました!#今日の献立 #foodhubproject #foodhub

今週の献立

  • 6月19日(月)

  • 6月20日(火)

  • 6月21日(水)

    主菜:じゃがいもと阿波美豚のコロッケ  
  • 6月22日(木)

    主菜:豚バラにくのこんにゃく巻きカツ
  • 6月23日(金)

    主菜:太刀魚の竜田揚げ
  • 6月24日(土)

    主菜:すだち鶏のパリパリ揚げ
  • 6月25日(日)

    主菜:阿波ポークの唐揚げ 新玉ねぎソース

神山の味

アクセス

アクセスマップ

かま屋 かまパン&ストア
〒771-3311 徳島県名西郡神山町神領字北190−1

アクセスページへ

「神山の味」の会について

神山在住の方や神山と働く方々に向けて『神山の味』という地域で育てて、地域で食べる、サポーターカードを発行しています。町民価格で食事ができ、季節ごとに特典があるかも!

農業研修について

神山の農業を次世代につなぐため、神山で真剣に社会的農業に取り組みたい人を募集しています。フードハブで農業研修を経て独立就農するまで、町役場と連携した一連のプログラムについてご紹介します。

採用について

フードハブが運営する「かま屋」(食堂)と「かまパン&ストア」(パンと食品)ではメンバーを募集しています。笑顔が素敵でオープンな人。家族のように一緒に仕事と暮らしを楽しめる方の応募をお待ちしております!

活動のアルバム

フードハブ・プロジェクトの季節ごとの活動を写真でご報告します。

1/9

かま屋|内装

2017年4月2日(日)

前へ次へ 閉じる