小さいものと、小さいものをつなぐ。

フードハブ・プロジェクトは、
農業長のこんな想いからはじまっています。

始まりのきっかけは、
神山町地方創生戦略を考えるワーキンググループ。
神山町役場と住民が一体となり
2015年7月〜12月末までの約半年間行われました。

その後、2016年4月に神山町役場と神山つなぐ公社、
㈱モノサスが共同で会社として設立しました。

日本の中山間地域では、
農業者の高齢化、後継者不足による
耕作放棄地の増加、それにともなう鳥獣害の
被害などが大きな社会問題になっています。

神山の農業従事者の平均年齢は71歳です。

そんな日本のどこの田舎にでもある課題を

小さいものと、小さいもの
少量生産と少量消費をつなぐ

というシンプルな活動を通じて
みんなで解決して行こうというのが
フードハブ・プロジェクトです。

地産地食|Farm Local, Eat Local.

活動の目的

地産地食 Farm Local,Eat Local

「地産地食」を軸に、
地域で育てて、地域で一緒に食べることで
関係性を豊かにし、神山の農業と食文化を
次の世代につないで行くことを目的としています。

そもそも、Food Hubという考え方は、
アメリカ合衆国農務省が推奨している考え方です。

地域のFood Hubは、主に地元の名前が特定できる生産者たちの食品を、集約、保存、流通、そしてマーケティングすることで彼らの能力を強化し、卸売業者や小売、制度的な需要に積極的に応えるビジネス、または組織のことを言う。
地域のフードハブ 指導書(英語))

A regional food hub is a business or organization that actively manages the aggregation, distribution, and marketing of source-identified food products primarily from local and regional producers to strengthen their ability to satisfy wholesale, retail, and institutional demand.
(Regional Food Hub Resouce Gude)”

この考え方を元に、私たちは、
神山の農業の担い手を育成する活動を中心に、
「地域で育て、地域で食べる」場所として、
農作物を育てることに加えて、食堂・パン・食品を
販売する場所を運営していきます。

活動指針

「育てる、つくる、食べる、つなぐ」を循環させる。

育てる社会的農業を実践する

私たちは、地域に貢献する社会的農業として、農業を通じて景観を守り、地域の農業と食文化を次につなぐ農業者を育てることを活動の軸にしています。

また、地域の農家さんや料理人、教育者と話し合い、段階的な無農薬、有機肥料栽培の導入を実施しています。

つくるみんなの手でつくりあげる

神山には、地域の食文化を受け継いできた生活改善グループという会が長年続いており、1978年に「神山の味」という素晴らしい郷土料理と食文化の本を出版しています。

これらの文化を活かし地域の人たちと協力し料理だけにとどまらない、土地の文化と人と食をめぐるモノづくりにみんなで取り組んでいます。

食べる一緒に料理して、食べる

食の安全、安心は当然のこと。私たちは「美味しい」という人が本来持つべき感覚を大切にし、「甘い=美味しい」ではなく、素材本来の美味しさとは何かを、作り手と話し合い、選び、料理によって引き出し提供します。

また「神山の食卓を素敵に楽しく」を軸に『かま屋』(食堂)と『かまパン&ストア』(パン・食品)を運営していきます。

つなぐ学んでいく、教えていく、考えていく

地産地食。地域の農業を次の世代につなぐために「地域で育てて、地域で食べる」という意識を広めていくことが私たちの食育(つなぐ)活動です。

一緒に種から育てて、調理して食べる。その種を次に受け継いでいく。地域の農家さんや作り手、学校と協力し、一緒に「循環」を軸にした食育に取り組んでいきます。

お店について

かま屋

名前の由来

神山で「竈屋(かまや)」と言うと、
「なつかしいなぁ。昔はなぁ〜」とみなさん語り始めます。

昔は、自宅の土間に薪でご飯を炊く竈があり、
そこに近所の人が気軽に立ちより、お茶を呑みながら
世間話をしていたそうです。

その土間を「かまや」と呼んでいたそうです。

地域の気軽な台所を目指し、地元の食材をふんだんに使った、
「かま屋」(食堂)と「かまパン&ストア」(パン・食品)を
運営していきます。

かま屋
  • 朝食:セルフ形式でのコーヒー&パンのモーニング
  • 昼食:神山で育った季節の食材を使用したビュッフェ型式の食堂
  • 夕食:おばんざい型式の居酒屋&定食スタイルの食堂

『かま屋』では、地域の食材をふんだんに使った食事を提供します。
食堂の中央に据えられた竈では、神山の綺麗な山水と、昼夜の寒暖の差で美味しく育った自社農園のお米を炊いて、地域の人が毎日、食べにきてくれるような食堂を目指します。

かまパン&ストアかまパン&ストア
  • 天然酵母で毎日焼く、パンや焼き菓子の販売
  • 食堂で毎日使っている調味料や地域で作られた加工品の販売
  • 料理が楽しくなる、調理道具などの販売

パンと食品を販売する『かまパン&ストア』というショップも併設されています。ショップでは「神山の食卓を素敵に楽しく」をテーマに、徳島県内から四国まで範囲を広げて、有機や特別栽培で育てられた野菜をはじめ、手間ひまかけて丁寧に作られた味噌・醤油、実際に食堂でも使用している調味料などを販売します。天然酵母をつかった食パンやサンドイッチ、焼き菓子なども販売し、季節の食材を使って地域の食卓を素敵に楽しくしていきます。

採用について

一緒に働いてみたい人を
募集しています。
ご興味がある方は、
recruit@foodhub.co.jp まで
メールをお送りください。

過去の採用記事はこちら
日本仕事百貨 「神山の味」をつなぐ

  • 募集職種:料理人、販売員、ホールスタッフなど 複数名
  • 雇用形態:正社員(試用期間:6ヶ月)または、アルバイト

最近の活動

Facebook Pagehttps://www.facebook.com/foodhubproject/

InstagramInstagramhttps://www.instagram.com/food_hub_project/

Food Hub Projectの
立ち上げの経緯など

Food Hub Projectの概要http://www.monosus.co.jp/posts/2016/05/000269.html

Food Hub Project発足の経緯http://www.monosus.co.jp/posts/2016/01/000128.html