農業研修について

神山の農業を次世代につなぐため、神山で真剣に社会的農業に取り組みたい人を募集しています。フードハブで農業研修を経て独立就農するまで、神山町役場と連携したプログラムについてご紹介します。

フードハブで学べる農業

有機、特別栽培(化学肥料不使用)の少量多品目による、神山町の地域性、圃場条件、気候にフィットした農業を実践の中で学んでいきます。また、稼ぐ農業という目線だけではなく、環境整えたり、景観を維持したり、社会的農業(社会・公益性のある)農業についても実践していきます。

年間2名の受け入れで2年間の研修期間を設け、最大4名の研修生を受入ます。現在、青年就農給付金準備型の研修機関の認定申請中ですので、研修終了後の独立就農時の年齢が45歳未満の方は150万円/年を受取ながら、期間限定で雇用研修をうけられます。また、青年就農給付金経営開始型に移行する際求められる農産物の6次化についても、自社の専門のメンバーから、ノウハウを学ぶことがきます。

研修内容の詳細

  1. 農業生産
    • 水稲生産管理(うるち米、もち米)
    • 麦生産管理(小麦、ライ麦)
    • 香酸柑橘生産管理(すだち、レモン等)
    • 果樹全般生産管理
    • 野菜全般生産管理
    • ハーブ全般生産管理
    • 生産物の受注発送管理(受注、選別、パッキング、発送)
    • 鳥獣被害対策(防護柵の設置、モンキードック、追い払い等)
  2. 農業経営

    農業経営全般

  3. 6次化

    農産物の加工と商品開発について

独立就農時の支援

神山町で独立就農する際は、フードハブが所有者から借り上げ、研修期間中に使用した圃場を部分的に切り分けていきます。また、神山町とも連携し、地域の農地を借受できるようにしていきます。
独立後も農業・6次化等の技術的な支援も、引き続き専門メンバーより受けながら営農を開始できます。下記フォームよりお申込みください。

  • 農業指導長

    [農業指導長からの一言]

    ともに生きてゆくように働けるかた、お待ちしています。

  • 農業長から一言

    [農業長から一言からの一言]

    神山の農業を一緒につないぎ、より良く育てて行ける方をお待ちしています。

  • 料理長

    [料理長からの一言]

    「毎日おいしい」を大切にできる方、ご応募お待ちしております。

  • 支配人

    [支配人からの一言]

    これからの小さな「食の循環システム」をチームで作りたい人、まってます。

育てる活動日誌

前へ次へ 閉じる