活動日誌

フードハブ・プロジェクトの活動を
メンバーが日替わりで更新中。

  • 昨年5年生が育てたもち米の糠から、肥料をつくっています。
    昨年5年生が育てたもち米の糠から、肥料をつくっています。

    神領小学校2年生と一緒に野菜の苗を植えました。〜前編・土づくり〜

    フードハブ・食育係の樋口です。 野菜を育てることや米づくりについては全くの素人です。 小学校では学級担任であれば様々な教科を1人で(あるいは専科の先生に入っていただいて)指導するので、自分の専門外のことや「初体験」のことだって、そして、野菜づくりだって、子どもたちと一緒にやっていくわけです。実際に、育て方がわからなかったり、途中で病気にかかった野菜たちをどうすればいいのか途方にくれたり、米はまったく実らなかったり…苦い経験も楽しい思い出もたくさんあります。 今はフードハブで野菜づくりを学ぶことのできる環境。この機会に、子どもたちと一緒に学んでいきます。 今回の野菜づくりの始まりは、神領小学校の先生と子どもたちから届いた「野菜名人、おしえてください」というリクエスト。

    昨年5年生が育てたもち米の糠から、肥料をつくっています。
    昨年5年生が育てたもち米の糠から、肥料をつくっています。

    詳しく読む

    授業レポート食育

    2017年5月27日(土)

    詳しく読む

  • 2016年の5年生 / もち米収穫後の「はでかけ」の様子
    2016年の5年生 / もち米収穫後の「はでかけ」の様子

    小学校5年生との「もち米づくり」が今年も始まりました。昨年の様子から振り返り。

    フードハブに入社し、初めて知る農業のイロハ。 小学生と農業を通して関わりをもつ時間は、多くを学べる貴重な時間でもあります。小学生と一緒に学んだこと、知ったこと、感じたことをレポートしていきたいと思います。

    2016年の5年生 / もち米収穫後の「はでかけ」の様子
    2016年の5年生 / もち米収穫後の「はでかけ」の様子

    詳しく読む

    授業レポート食育

    2017年5月23日(火)

    詳しく読む

  • 新しいお店『遠近』(おちこち)の、自らが藍で染めた紙の壁の前に立つ東尾さん。実は、壁紙の和紙も楮(こうぞ)から自分で紙すきをして製作している。
    新しいお店『遠近』(おちこち)の、自らが藍で染めた紙の壁の前に立つ東尾さん。実は、壁紙の和紙も楮(こうぞ)から自分で紙すきをして製作している。

    器をとおして考える
    「お接待」という名のディレクション

    フードハブ・プロジェクトでは、食堂のかま屋で使用する器の製作から自分たちで手がけています。そこには、どのような想いがあるのか。器をとおして「地産地食」を伝える際、テーマのひとつとして掲げているキーワード、”つくる”をどのように捉え、実践しているのか。 器のディレクションを手がけた、神山町出身の東尾 厚志さんにお話を伺いました。

    新しいお店『遠近』(おちこち)の、自らが藍で染めた紙の壁の前に立つ東尾さん。実は、壁紙の和紙も楮(こうぞ)から自分で紙すきをして製作している。
    新しいお店『遠近』(おちこち)の、自らが藍で染めた紙の壁の前に立つ東尾さん。実は、壁紙の和紙も楮(こうぞ)から自分で紙すきをして製作している。

    詳しく読む

    2017年5月21日(日)

    詳しく読む

  • 神山の山菜と新鮮なクレソン(左上:こごみ、右上:筍、わらび、右下:クレソン、左下:イタドリ)
    神山の山菜と新鮮なクレソン(左上:こごみ、右上:筍、わらび、右下:クレソン、左下:イタドリ)

    食堂の4月の産食率について。
    食育係/管理栄養士の浅羽がご報告します!

    フードハブ 食育係/管理栄養士の浅羽です。 昨年4月よりFood Hub Projectに加わり、神山に移住してあっと言う間に一年が経ちました。神山に移住する前は、私は、東京の外資系企業の社食を提供する会社で働いていました。社員食堂は、外食で利用する飲食店などのように不特定多数のお客様に料理を提供するのとはちがい、毎日、ほぼ同じ方々(≒特定多数)に向けて食事を提供する場所です。私は、家のご飯と同じように会社での日々の食事も美味しく充実したものにしたいなと思いながら、毎日、同じ方々と挨拶を交わしていました。

    神山の山菜と新鮮なクレソン(左上:こごみ、右上:筍、わらび、右下:クレソン、左下:イタドリ)
    神山の山菜と新鮮なクレソン(左上:こごみ、右上:筍、わらび、右下:クレソン、左下:イタドリ)

    詳しく読む

    2017年5月12日(金)

    詳しく読む

  • Food Hub Project farm activity in 2016
    Food Hub Project farm activity in 2016

    WHAT’S FARM LOCAL, EAT LOCAL?
    The FOOD HUB PROJECT
    in KAMIYAMA, JAPAN

    The Food Hub Project all started from our current Chief Farm Officer’s love for Kamiyama. The project originally started as a working group for Kamiyama’s regional revitalization program in July 2015 in hopes of resurrecting the local community. The township and locals got together for half a year to discuss the future of Kamiyama, which further developed in building the foundation for what is now the Food Hub Project, established in April 2016, run by the Kamiyama township, Kamiyama TSUNAGU Corporation and monosus inc. (Tokyo).

    Food Hub Project farm activity in 2016
    Food Hub Project farm activity in 2016

    詳しく読む

    2017年4月20日(木)

    詳しく読む

  • 「パン」と「地域」と、
    「経済」と「循環」について。

    Food Hub Project 支配人の真鍋です。 食堂「かま屋」と「かまパン&ストア」が3月3日にグランドオープンして1ヶ月半が経ちました。おかげさまで連日たくさんの方にお越しいただいています。なかでも「かまパン」のパンは人気ですが、フードハブになぜ「パン屋」が必要だったのか?と聞かれることも増えてきました。

    詳しく読む

    食べる

    2017年4月18日(火)

    詳しく読む

  • Food Hub Project パン製造責任者の笹川大輔。彼は今回の取り組みを、パン屋の働き方改革だとも話している。
    Food Hub Project パン製造責任者の笹川大輔。彼は今回の取り組みを、パン屋の働き方改革だとも話している。

    【パン職人と料理人の募集】

    目指すは、「神山の日常」。 日本仕事百貨にて、パンと料理のつくり手の募集を開始しました。

    Food Hub Project パン製造責任者の笹川大輔。彼は今回の取り組みを、パン屋の働き方改革だとも話している。
    Food Hub Project パン製造責任者の笹川大輔。彼は今回の取り組みを、パン屋の働き方改革だとも話している。

    詳しく読む

    プロジェクトのこと食べる

    2017年4月4日(火)

    詳しく読む

  • 4月からの営業変更のお知らせ

    3月3日にグランドオープンしたばかりの「かま屋」「かまパン&ストア」ですが、4月からお店の定休日と営業時間を変更させていただきます。 理由ですが、地域の方々と連携して、自分たちで育てた野菜を使った加工品開発に力をいれたり、学校教育との連携を強化したり、メンバー全員が「地域」と「農業」との関わりをより深めるためです。 日頃、ご利用いただいている方々には、ご不便をおかけしますが、ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。   【かま屋】 定休日以外は、 朝から夜まで営業して、お店の使い勝手を良くします! <営業時間> モーニング 8:00 – 10:00 昼ごはん  11:00 – 14:00 お茶の時間 14:00 – 17:00 晩ごはん  18:00 – 21:30 ※昼ごはんは、売切れ次第終了となります ※晩ごはんは、21:00がラストオーダーになります <定休日> 月+火 (月祝の場合は営業) 【かまパン&ストア】 少し早めに、朝、開店。 少し早めに、夜、閉店します。 <営業時間> 9:00 – 18:00 <定休日> 月+火 (月祝の場合は営業)  

    プロジェクトのこと

    2017年3月29日(水)

  • 高校生たちとテストキッチンでお弁当の試作中
    高校生たちとテストキッチンでお弁当の試作中

    高校生とつなぐ「神山の味」。高校と連携した取り組みの映像ができました。

    みなさん、こんにちは。フードハブ・プロジェクト 食育係の樋口です。 昨年の秋、城西高校神山分校の生活科2年生8名と文化祭で販売した「お弁当づくり」の映像が完成しました。紹介させてください。  この映像は、昨年の9月から11月まで、約3ヶ月間で計5回(各2~4時間)実施した授業や調理実習、加えて、11月13日に開催されたの学校文化祭(神農祭)本番でのお弁当の販売、本番後の振り返りという7回の計画で進めた、城西高校とフードハブ・プロジェクトの取り組みの記録です。(映像で紹介されているのは、実はほんの一部)。

    高校生たちとテストキッチンでお弁当の試作中
    高校生たちとテストキッチンでお弁当の試作中

    詳しく読む

    つなぐ

    2017年3月28日(火)

    詳しく読む

  • かまパンの食パンは、ちょっと「すっぱい」ときがあります。
    かまパンの食パンは、ちょっと「すっぱい」ときがあります。

    かまパンのパンの話「入門編」

    たくさんの方々に食べていただいているかまパンのパンたち。特に食パンは、何度もお求めいただいている方がいて、とてもありがたく思っています。 そんな食パンのお得意さんから、「すっぱい時、あるよね?」などのご質問をいただく機会が多くなっています。 私たち「かまパン工房」の製法などについて、きちんとご説明できていなかったので、簡単ではありますが、「入門編」として、かまパンのパンの話しを書きました。 ※追記情報:記事公開後、チームメンバーとも更に話し合い、文中、「緑文字」の箇所を追記、または変更しています。

    かまパンの食パンは、ちょっと「すっぱい」ときがあります。
    かまパンの食パンは、ちょっと「すっぱい」ときがあります。

    詳しく読む

    食べる

    2017年3月25日(土)

    詳しく読む

前へ次へ 閉じる