お店について

地産地食 Farm Local, Eat Local

フードハブ・プロジェクトが
運営する食堂・パン屋・食品店は、
神山の農業を次の世代につなぐための場所です。

自社の農業チームが
お米は特別栽培で、野菜は栽培期間中、
化学肥料・農薬不使用で育てたものと、
神山の「里山の会」の皆さんから
仕入れているものを、できるかぎり使用しています。

地元の方々に、地域の農業を
日常的に食べて支えてもらいたいから、
「町内価格」も設けています。

かま屋

名前の由来

神山で「竈屋(かまや)」と言うと、
「なつかしいなぁ。昔はなぁ〜」とみなさん語り始めます。

昔は、自宅の土間に薪でご飯を炊く竈があり、
そこに近所の人が気軽に立ちより、お茶を呑みながら
世間話をしていたそうです。

その土間を「かまや」と呼んでいたそうです。

地域の気軽な台所を目指し、地元の食材をふんだんに使った、
「かま屋」(食堂)と「かまパン&ストア」(パン・食品)を
運営していきます。

かま屋

営業時間

モーニング
8:00 – 10:00
昼ごはん
11:00 – 14:00(売り切れ次第終了)
お茶
14:00 – 17:00
晩ごはん
18:00 – 21:30(L.O. 21:00)
定休日
月+火(月祝の場合営業)

電話

050-2024-2211

モーニング:
セルフ形式でのパン&コーヒーのモーニング
昼ごはん:
神山で育った季節の食材を使用した、おばんざい型式のワンプレートランチ
お茶:
パンとソフトドリンクのお茶の時間
晩ごはん:
おばんざい型式の居酒屋&定食スタイルの食堂

『かま屋』では、地域の食材をふんだんに使った食事を提供します。食堂の中央に据えられた竈では、神山の綺麗な山水と、昼夜の寒暖の差で美味しく育った自社農園のお米を炊いて、地域の人が毎日、食べにきてくれるような食堂を目指します。

かまパン&&ストア

営業時間

パンと食品
9:00 – 18:00
定休日
月+火(月祝の場合営業)

電話

088-676-1077

  • 自家培養発酵種を中心に使った、パンや焼き菓子の販売
  • 食堂で毎日使っている調味料や地域で作られた加工品の販売
  • 料理が楽しくなる、調理道具などの販売(予定)

パンと食品を販売する『かまパン&ストア』というショップも併設されています。かまパンでは、自家培養発酵種を中心に使った、食パンやあんパン、地粉を使ったカンパーニュや米粉のバゲット、色々な具をはさんだコッペパンや焼き菓子なども販売します。

ショップでは「神山の食卓を素敵に楽しく」をテーマに、神山で育てられた有機や特別栽培の野菜をはじめ、徳島県内から四国まで範囲を広げて、手間ひまかけて丁寧に作られた味噌・醤油、実際に食堂でも使用している調味料などを販売し、地域の食卓を素敵に楽しくしていきます。

食べる活動日誌

前へ次へ 閉じる