\\文化祭で、かまパン販売//

食育

高校生にも食べてもらった新商品「じゃがいもとベーコンのフォカッチャ」
高校生にも食べてもらった新商品「じゃがいもとベーコンのフォカッチャ」
徳島市内の某高校に通う生徒さんから「文化祭でかまパンを販売したい」との連絡があり、ここ1ヶ月くらいやり取りしていました。

台風が近づいてくることを考慮して直前で文化祭が1日前倒し。生徒さんもさぞドギマギしたことでしょう。。かまパンの製造チームやスタッフらの協力のもと、当日はたくさんのパンとおやつが高校へ旅立ちました(おいしく完食したとのこと)。

文化祭当日、パンを受け取りに来てくれた生徒さん(右)と笹川

高校生への販売は初めてでしたが、企画した高校生たちとzoomミーティングを行い、笹川(パン職人)とメニュー・価格を決めるところから一緒に。今回限定のミニサイズ、店頭には出ていないフォカッチャなど、高校生の気持ちに寄り添って臨機応変に対応するメンバーの存在をとても心強く感じたのは言うまでもなく。「できる方法」を考えていく笹川のリードでどんどん動いていったのです。
新型コロナの感染拡大防止の観点から、文化祭は非公開だったそう。手づくりの食品を販売することもできず、だから既製品を仕入れて販売する方法をとったのだと。
あとで生徒さんから送られてきた写真を見ると、教室の雰囲気は魔女の宅急便のぐーちょきぱん(クラスのテーマだったそう)。高校生のエネルギーを感じて元気が出ました。

当日の販売の様子(撮影:生徒さん)

生徒さんからは、パンやマフィンがおいしかったという感想に加えて、
「たくさんの人にお店の事を知ってもらいたくて尽力しました。こういう機会に神山の事をアピールするのが夢だったので、今回の件を受け入れていただいて本当に嬉しかったです」
というメッセージが(高校生に、泣かされる)。
パンを通じて出会った高校生たちのこれからに希望を抱いた1日。
今後も声援を送り続けたいと思います。

この日誌を書いた人

樋口明日香

食育係
樋口明日香 (ひぐち あすか)

食育係/白崎茶会認定パン先生。徳島市出身。 神奈川県で小学校教員として働いたあと2016年に地元徳島に戻り、フードハブに出会う。保育園から高校までの子どもたちの食と農の取り組みにかかわりながら「みんなでつくる地産地食」を模索中。一番好きな食べものは、みそ汁。

その他の活動

前へ次へ 閉じる