「ちくちくの会」自分のエプロンをつくろう②

つくる

第2回「ちくちくの会」より
第2回「ちくちくの会」より

藤本直紀さん、あやさん(KULUSKA )による 「ちくちくの会」(FHPメンバー向け)2回目の様子をお伝えします。

自分の頭と体、手をつかってイメージをかたちにしていくことは、もしかしたら「気に入ったものを買う」喜びとはもっと別のなにかが生まれてくるんじゃないか…と。そんなワクワクした気持ちでいっぱいになり、希望者を募ってスタートしたエプロンづくりの会。

一体「理想のエプロン」ってどんなエプロン?そもそも、エプロンってなに?1回目はそんな会話から始まりました(全3回でエプロンを仕上げる予定)。→ 1回目の様子

2回目のちくちくの会は、布地を体にあてながらエプロンの型を決めていく時間です。

藤本直紀さん

これまでは紙と頭の中でイメージを膨らませてきましたが、ミシンやソーイングBOXを前にすると「あぁエプロンつくるんだ」と一気に現実味を帯びてきます。

一人ひとり「今、どんな気分?」を話してエプロンづくりに入りました。

前回のアイディア出しから1ヶ月。自分のからだに生地を合わせながら、切ったりつけたり、それぞれのイメージがかたちになっていきました。

まずはシャチョー。

続いて他のメンバーも。

直紀さん、あやさんにマンツーマンでアドバイスをいただきながら、それぞれの「型」が出来上がりました。

え、これでいいの?というのが率直な感想。「型紙から作らなければ!」といった気負いは必要ありません。「からだに合わせながらつくる」という工程の心地よさ。

KULUSKAさんがワークショップで大事にされていることは、生活や暮らしを自分自身に寄せてみること、自分で考えながら身の回りのものを作れるようになること。
普段は「つくられたもの」を身につけることに慣れているわたしですが、それとは順番が違うんですよね。
次回はいよいよエプロンが完成する予定。楽しみです。

 

藤本直紀さん・あやさんが案内人となる「地産地食の学校ー箸袋をつくろうー」を、夏休み(8/10)に開催します。興味を持っていただいた方はぜひこちらも。

「箸袋をつくろう」の詳細・お申し込み >>  http://foodhub.co.jp/events/3347/

この日誌を書いた人

樋口明日香

食育係
樋口明日香 (ひぐち あすか)

食育係/白崎茶会認定パン先生。徳島市出身。 神奈川県で小学校教員として働いたあと2016年に地元徳島に戻り、フードハブに出会う。保育園から高校までの子どもたちの食と農の取り組みにかかわりながら「みんなでつくる地産地食」を模索中。一番好きな食べものは、みそ汁。

その他の活動

前へ次へ 閉じる