産食率と献立

「産食率」は、食堂における
「地域で育てて、地域で食べている」割合(%)を
定期的に測定していくための、私たちが定める基準です。

国が定める自給率のように、カロリーや生産額を
元にする算出方法ではなく、学校給食などで用いられる
「食材品目数(町内産)÷ 食材品目数(総合計)」という
計算方法をベースに算出しています。

私たちが掲げる「地産地食」の割合を、
定期的にここで報告していきます。

  • 4月4日週

    0%

    • ミックスサラダ/人参とカブのロースト/椎茸のピクルス/釜炊きセロリご飯/ 鯛のポッシェと菜の花サルサ 菊芋チップス

      4月4日(木)

  • 3月28日週

    64%

    端境期であるにもかかわらず、64%と高い産食率でした!コールスローサラダに沢山神山の野菜が入ったことが大きな理由になったのではないでしょうか。orononoさんで採れるキャベツはもう最後。甘みと葉の柔らかさが特徴的でしたね。それに混ぜ込んだ里山の会さんのせりとクレソンが、香りと風味をさらに良くし、とっても美味しいサラダに引き立たててくれていました。

    • oronono コールスロー/太陽と海 新玉ねぎのオニオンリング/oronono 梅干し大根/阿波ノ北方農園 釜炊き椎茸ご飯/すだち鶏 チキンレモンクリーム 菜の花スチーム

      3月28日(木)

  • 3月21日週

    54%

    なんとか50%台をキープできた今週のメニューは、ローストポーク&オニオンリングで食べごたえたっぷりでした。オニオンリングの玉ねぎは、神山ではないですが、淡路島の太陽と海さんの新玉ねぎを使用しています。毎年美味しいかま屋一番乗りの新玉ねぎ。今週はメニューがシンプルすぎないようアクセント役になってくれていました。サラダの文旦ももう今週が最後になりそうです。この味もまた来年っですね。

    • oronono 大根サラダと文旦/oronono キャベツとクミンのピクルス/oronono にんじんスープ/阿波ノ北方農園 釜炊きセリご飯/阿波美豚 ローストポーク 新玉ねぎのフライト菜の花サルサ

      3月21日(木)

  • 3月14日週

    47%

    40%台の厳しい産食率でしたが、この時期だからこそできるメニューで揃っていたのではないでしょうか。菜の花と温泉卵やじっくりと火を通した、新玉ねぎのローストなどいつもより少し特別でしたね。菜の花は野菜のちえちゃんのものを使い、フワっと蒸し上げてとろとろの温泉卵と合わせます。卵の黄身がゆっくりと流れ出すのは食欲をそそりました。ひときわ香り高かったのはレモンご飯。レモンの皮を擦って白ご飯に混ぜ合わせただけですが、キュッとしたいい香りが湯気とともに立ち上り、フライドチキンと相性抜群でした。

    • やさいのちえ 菜の花と温泉卵/太陽と海 新玉ねぎのロースト/oronono 大根ピクルス/阿波ノ北方農園 釜炊きレモンご飯/すだち鶏 バターミルクのフライドチキン コールスロー

      3月14日(木)

  • 3月7日週

    56%

    今週は舌平目のムニエルがメインの豪華な定食でした。 それに合わせたのは、やさいのちえちゃんのかつお菜と菜の花。今菜の花が沢山できていて、春のおとずれを感じます。コールスローはorononoの甘いキャベツと人参をあわせ、つなぐ農園できれいに育ったケールとラディッシュも入りました。橙の果汁でつくったマヨネーズがとても香りがよく、美味しく仕上げてくれました。

    • つなぐ農園 コールスロー/oronono にんじんスープ/oronono ビーツピクルス/阿波ノ北方農園 釜炊き黒米ご飯/徳島県産 舌平目のムニエル 焦がしバターのソース

      3月7日(木)

  • 2月29日週

    44%

    厳しい数字で着地となった今週の産食率ですが、ヨーロッパを感じられる特別なメニューとなりました。 シュークルートは、もうかま屋ではおなじみになってきたドイツ料理。つなぐ農園のラディッシュを使ったラディッシュバターと、パセリ(里山の会)と人参(oronono)のご飯は、フレンチ。このラディッシュバターを頬張ったあとに、ホカホカのご飯を口にふくむと、冷たいバターが溶け出し全体の風味をより引き立てて、旨味が口いっぱいに広がります。産食率こそ伸びませんでしたが、なかなかないメニュー構成でとても美味しく楽しく仕上がっていました。

    • やさいのちえ かつお菜と菜の花のサラダ/つなぐ農園 ラディッシュバター/里山の会 クレソンスープ/阿波ノ北方農園 釜炊き人参とパセリご飯/阿波美豚 ソーセージのシュークルート 里芋のフリット

      2月29日(木)

  • 2月22日週

    67%

    今週も好調です!すずきのフリットにかけたチャルモラソースにはふんだんに神山産の素材が入りました。サラダにはorononoの紫師舞(シシマイ)とみんな大好き桃ほっぺ大根が入り、旬の鳴門のわかめと一緒にいただきました。さつまいものピューレもorononoのシルクスイートを使用。今回のサラダとこのピューレには隠し味を加えました。それはネーブルオレンジ。そのままの味もとてもおいしかったですが、それぞれの料理とのバランスを見たときにオレンジ果汁をフッとかけることでよりうまみが際立ちます。シェフ・ジェロームのマジックでした。

    • 今津農園 大根とワカメのサラダ/森ノ下農園 椎茸ロースト/oronono さつまいものピューレ/阿波ノ北方農園 釜炊き春菊ご飯/徳島県産 スズキのフリット チャルモラソース

      2月22日(木)

  • 2月15日週

    62%

    60%以上を維持できたこの週。彩りがきれいなメニュー構成となりました。メインのグリルチキンに添えられたのは、やさいのちえちゃんのかつお菜・ラディッシュ。そしてorononoの人参。緑、ピンク、白、オレンジとそれにレモンソースをかけたので黄色も入りましたね。お客様のきれい!の声にこちらもワクワクしました。今回、鶏には白桃農園のレモングラスと黒胡椒をマリネしましたが、2つのバランスがよく取れていて、新しいおいしさを感じられたように思います。

    • oronono 春菊と白菜のサラダ/やさいのちえ 菊芋チップス/oronono かぶスープ/阿波ノ北方農園 釜炊き梅干しご飯/すだち鶏 グリルチキン レモングラスマリネ かつお菜と人参

      2月15日(木)

  • 2月8日週

    65%

    今週は少ない原材料でメニュー構成しましたが、野菜はすべて神山町のものを使用でき、産食率は好調です。 わかめが旬になるこの季節、何回目に登場でしょうか、鯛をわかめで巻いて蒸し焼きにし、わかめから出汁をとってバターと合わせ、そのソースをかけます。これに合わせるのが、orononoさんの人参と、桃ほっぺ大根です。スライスして蒸すだけですが、旨味がぎゅっと詰まっているお野菜なので、それだけで口の中が大満足になります。シンプルながらに、心もお腹も満たしてくれる一品でした。

    • 今津農園 大根サラダ/やさいのちえ ラディッシュピクルス/森ノ下農園 椎茸天ぷら/阿波ノ北方農園 釜炊き黒米ご飯/徳島県産 鯛のワカメソース

      2月8日(木)

  • 2月1日週

    62%

    62%といい感じの産食率です!メインのガルビュール(野菜の煮込み)に、たくさんの神山のお野菜を使わせていただきました。里山の会さんからは菊芋、とセロリ。今津自然農園さんからはネギ、orononoさんからはさつまいも、カブ、白菜、人参と、7種類もの旬の食材が入りました。旨味がたっぷりと出たスープに、低温で長時間、じっくりと火入れをした阿波美豚のコンフィを乗せて、とても豪華なスープに仕上げられました。また、かま屋初登場は、海老名さんのとろとろの干し柿のフリットです。そのままでも最高に美味しいですが、フリットにするとギュッと濃厚になって、どこかデザートのようでしたね。また来年も試したい一品です。

    • 今津農園 赤大根とオレンジサラダ/海老名さん 干し柿の天ぷら/oronono スチームブロッコリー/阿波ノ北方農園 釜炊きご飯/阿波美豚 豚のコンフィとガルビュール

      2月1日(木)

  • 1月25日週

    52%

    少し落としてしまった今週の産食率。玉ねぎやニンニクなどベースに使用する神山産のお野菜がだんだん在庫切れになって来てしまったのが理由です。春までの辛抱です。今津自然農園さんからは、この冬最後の大浦ふとごぼうが届き薄く切ってチップスにしました。最後だと思うとこのごぼうの味がより恋しくなります。しいたけご飯のしいたけは森の下農園さんのもの。やっぱりとっても人気です。噛めば噛むほど旨味が広がり、お肉との相性が抜群です。

    • oronono ビーツとトレビスのサラダ/里山の会 バターナッツのスープ/今津農園 ごぼうチップス/阿波ノ北方農園 釜炊き椎茸ご飯/すだち鶏 チキンの香草パン粉焼き さつまいものピューレ

      1月25日(木)

  • 1月18日週

    66%

    今週はたくさんのお野菜がスープの中に入りました。なのでこの時期では高めの65.5%の産食率です。 鯛のアラでとった出汁にもふんだんに野菜が入り、とても美味しいスープが出来上がりましたね。やさいのちえちゃんのフェンネルや、里山の会さんのセロリ、orononoさんの人参などです。メニュー監修のジェロームもこのスープを大絶賛。また来年も出したい一品となりました。大根サラダは、今津自然農園さんの横川つばめ大根を使用。とても大きいのに、どこを切ってもみずみずしく、甘くて美味しいのでした。orononoさんのシルクスイートを使用したフリットは、一口くちの中にいれたら、もう虜です。旬の美味しさをふんだんに味わえるメニューでした。

    • 今津農園 大根サラダ 梅干しと干し柿/oronono さつまいも天ぷら/たむらのたまご ウフマヨ/阿波ノ北方農園 釜炊き小松菜ご飯/徳島県産 鯛のポトフ クレソンサルサ

      1月18日(木)

  • 1月11日週

    58%

    57.7%の産食率。端境期前のこの月にこの調子で頑張っていきたいです。今週も美味しいお野菜がたくさんとどきました。やさいのちえちゃんからは、ラディッシュ。こちらは下分の川野さんからいただいた橙の果汁と合わせ、ピクルスに。ヒタヒタにつけて、ラディッシュの新鮮な食感と、ソースのキリッとした風味をよく味わえました。今津自然農園さんからは、白ネギが届き、こちらは炒めてご飯に混ぜました。このご飯はご飯だけでもよく進みます。クレピネットと最高のペアリングでもありました。

    • oronono 白菜サラダ/oronono はくれいカブのスープ/やさいのちえ ラディッシュピクルス/阿波ノ北方農園 釜炊きネギご飯/阿波美豚 クレピネット 小松菜のジンジャーソテーと人参のロースト

      1月11日(木)

  • 1月2日週

    71%

    年始好調の産食率でした!サラダにたくさんの葉野菜を入れることができたのも理由の一つ。やさいのちえちゃんのトレビスも入り、とてもカラフルなサラダに仕上がりました。オークレタス、リーフレタス、バターヘッドレタスと、入れたレタスは3種類。すべてorononoのもので、すっかり、かま屋ではレタスと言ったらorononoになりましたね。つなぐ農園・しーちゃんのゆこうのドレッシングと絡めて美味しくいただきました。

    • oronono オークレタスサラダ/やさいのちえ 里芋フライ/oronono ビーツピクルス 梅干しソース/阿波ノ北方農園 釜炊きレモングラスご飯/すだち鶏 参鶏湯

      1月2日(火)

  • 12月21日週

    45%

    この週のメニューは、使用食材が少なく産食率がガクッと落ちてしまいました。しかし、ほとんどが神山のお野菜です。 ダントツで人気だったのは、メインに添えられたキャベツのロースト。やさいのちえちゃんのものです。お肉に添えていたカレーバターソースを少しかけることで美味しさが倍増しました。スープは今津自然農園さんの赤い飛騨かぶを使用。定番のゆずクリームと合わせて、優しい風味にほっこりしました。

    • やさいのちえ 春菊とバターヘッドレタスのサラダ/今津農園 赤かぶスープ/神山野菜 野菜のフリット/阿波ノ北方農園 釜炊きわさび菜ご飯/阿波美豚 黒胡椒焼き カレーバター添え ローストキャベツ

      12月21日(木)

  • 12月14日週

    65%

    今週も程よい産食率をキープできました。今回のメインはやさいのちえちゃんのフェンネルづくし。 すだち鶏のもも肉にマリネしたのはフェンネルの葉の部分。火を通すごとにまろやかな香りに変化し、その側に立っているだけで、うっとりとすしました。添えられたファーマース森さんのレモンと相性抜群でしたね。それに添えられたのはフェンネルの株の部分のバターソテー。シャキシャキとした食感をのこしつつもジューシーに仕上がっていて、口に運ぶのが楽しい一品でした。

    • oronono レタスサラダ と菊芋チップス/oronono 人参スープ/つなぐ農園 スイスチャードのピクルス/阿波ノ北方農園 釜炊きコリアンダーご飯/すだち鶏 チキンソテー フェンネル添え バターナッツピューレ

      12月14日(木)

  • 12月7日週

    63%

    この週はパクチーサルサがメインのスズキにのって登場!ずっと言い続けていますが、やさいのちえちゃんのこのパクチー、本当に美味しいです。里山の会さんの生の唐辛子やミントもいれてエスニック風に仕上げました。サラダはつなぐ農園の紫ケールと鰹節。すだちのクリームドレッシングがいい感じに2つの素材に一体感をだしてくれました。菊芋のスープは久しぶりの登場でしたね。里山の会さんのものです。こちらもお客様からたくさん嬉しいお声をいただきました。

    • つなぐ農園 ケールサラダ /里山の会 菊芋スープ/やさいのちえ カブと柿のピクルス/阿波ノ北方農園 釜炊き落花生ご飯/徳島県産 素揚げスズキ パクチーサルサ ロースト人参

      12月7日(木)

  • 11月30日週

    67%

    白桃農園の山葡萄が再び登場したこの週。66.7%と高めの産食率です!山葡萄はメインのローストポークのソースになりました。夏のとれたての頃よりもぐっと甘みが深まりジューシーになった山葡萄は、阿波美豚の旨味にも負けないものでした。今週のサラダにもやさいのちえちゃんのコリアンダーを混ぜていましたが、こちらも噛むほどに甘みがひろがり、ゆずのクリームドレッシングとも相性バツグンでした。

    • oronono バターヘッドレタスサラダ /里山の会 ヤーコンピクルス/oronono ローストペッパー/阿波ノ北方農園 釜炊き生姜ご飯/阿波美豚 ローストポーク 山葡萄ソース 白菜の蒸し焼き

      11月30日(木)

  • 11月23日週

    70%

    今週も高い産食率で着地しました!今年は四季があるようなないような感じですが、しっかり食材は実りの秋です。つなぐ農園でたくさん収穫された小松菜は、メインの魚に巻いて登場しました。アブラナ科特有の食欲をそそる旨味はしっかり魚と生姜のバターソースに馴染んで、何枚でも食べられそうでした。またやさいのちえちゃんから今年初のカブが届き、葉は新米に混ぜて、実はスープに。スープにあわせたゆずクリームが、カブの優しい風味をより引き立ててくれていましたね。

    • やさいのちえ パクチーサラダ /やさいのちえ はくれいカブのスープ/里山の会 菊芋チップス/阿波ノ北方農園 釜炊きカブの葉ご飯/徳島県産 旬の魚の小松菜巻き 生姜と焦がしバターソース

      11月23日(木)

  • 11月16日週

    68%

    今週は、野菜はすべて神山のものでした!りんごは毎年恒例となってきた、善積農園さんのものですね。 今年もやってきたオージュ谷の煮込み。このソースがたまらなくおいしくて、旨味がギュッと詰まった阿波北方農園さんの新米と合わせて食べるのが、かま屋のおすすめ。オージュ谷は、フランス・ノルマンディー地方にある渓谷の名前。ここはりんごの産地で、りんごをたくさん使った家庭料理があるのだとか。 リーフレタスサラダは、ほとんどがやさいのちえちゃんのものでしたが、少しだけ、orononoさんと小学生がつくってくれたリーフレタスも混ざっていました。小学生が収穫し、納品までしてくれたもので、味は葉も茎も甘くて美味しい!と保証付き。小学生が心を込めて育てた愛情がちゃんとレタスにとどいていて、元気を与えてくれているようです。

    • やさいのちえ リーフレタスサラダ /里山の会 里芋のフリット/やさいのちえ 間引き菜のソテー/阿波ノ北方農園 釜炊き新米ご飯/すだち鶏 オージュ谷の煮込み りんごのロースト

      11月16日(木)

さらに10件読み込む

食べる活動日誌

前へ次へ 閉じる