【地産地食の学校_16】
あづま袋をつくろう〜神山で譲り受けた布地を使って〜

【地産地食の学校_16】<br/>あづま袋をつくろう〜神山で譲り受けた布地を使って〜
場 所
かま屋
日 時
9月21日(土)14:00~16:00

◆案内人
藤本直紀さん・あやさん(kuluska)

◆参加費
¥4,860(税込)
(WS代、お茶とおやつ付き)

◆定員
10名さま

◆お申し込み
要予約
こちらのサイト内のフォーム、または店頭の申し込みチラシよりお申し込みください。

【地産地食の学校】は、神山の農業を次の世代につなぐ会社 Food Hub Project が、農業や食にまつわるつくり手をお招きし、その方々が学びの「案内人」となる食育学校です。

ゲストが教えるのではなく、つくり手としての現在の景色をみなさんと共有し、参加者も自らの専門性を携えながらお互いの見識を広げる。みんなで学び合う場にすることで、様々な地域で「地産地食」を一緒に推し進めていけたらと考えています。

今回の案内人は、藤本直紀さん・藤本あやさん(KULUSKA)です。

KULUSKA(クルスカ)は、服飾デザイナー・革職人の藤本直紀さんと、デザイナー・ライターの藤本あやさんによる “ものづくりユニット” です。お二人のこれまでのことや現在の神山での暮らしについては、当日、ものづくりをしながら伺うことにしましょう。

内容

お弁当やパン、野菜を入れるのにぴったりサイズのあづま袋をつくります。
使う素材は、藤本さんご夫妻が譲り受けた着物地。この着物地は神山で大切に保管され残されていたものです。当日、準備しているものの中からお選びください。

日時

9月21日(土)14:00〜16:00

場所

かま屋

ランチタイム/11:00-14:00(当日はカレーイベント開催予定)*写真は実際のランチではなく、イメージです。

参加費

¥4,860(税込)
(WS代、お茶とおやつ付き)

ちょっと詳しく…あづま袋のこと。

あづま袋は、一枚の布を折って縫い合わせる手提げ袋です。 “曲げわっぱ弁当箱”  を入れるのにもいいですよね。

こちらはコーヒーで染めた生地を使用しています。

手に持つと、こんな雰囲気です。

中はどんなものが入りそうかと言いますと…

お弁当箱(神山杉の曲げわっぱづくり)と箸(梅の剪定枝でつくるお箸)、箸袋(着物地でつくった箸袋)を入れてもたっぷり余裕があります。

かまパンの食パンと超やわソフトを入れると、こんな感じです。ちょうどおさまりました◎

まるで、かまパンのために作ったかのようなサイズ感◎

選ぶ布地によってサイズは多少変わってきますが、幅が狭いもの(袖部分)は、生地を組み合わせてつくることもできそうです。

「衣」と「食」の違いはあれど、神山で暮らす人たちの着物地を、こうして別のかたちにかえて使い続けていくことは、地域で育てた野菜を地域で食べることに取り組んでいるフードハブの活動と重なる部分もあるように感じています。選ぶこと、使うこと、なおすこと。食べ物だけでないモノの「消費」の仕方も、今回の「地産地食の学校」を通して考えていきたいテーマです。

お申し込みはこちら ▶︎ ▶︎ 【お申し込みフォーム】

あわせてオススメ

今年度は「一からつくるお弁当」をテーマに、地産地食の学校(神山産のものづくり)を企画しています。ご興味があれば、別の回もあわせてどうぞ…!

近日中のイベント

前へ次へ 閉じる