【地産地食の学校_13】
阿波晩茶をつくろう〜茶摘みから樽詰めまで〜

【地産地食の学校_13】<br/>阿波晩茶をつくろう〜茶摘みから樽詰めまで〜
場 所
民家(神山温泉近く)・下分加工場
日 時
茶摘みと樽詰めを続けて体験できる【2日連続】がおすすめですが、1日ずつの参加も可能です。
① 8/8・9(木, 金)
② 8/21・22(水, 木)

いずれも
8:00〜11:00 作業
11:15〜12:00 みんなでごはん
ーーーーーー
13:00~晩茶染め(希望者 +¥540)

◆案内人
中野 公未(料理人/加工係)

◆お申し込み
要予約
webサイト内の【お申し込みフォーム】よりお願いいたします。

【地産地食の学校】は、神山の農業を次の世代につなぐ会社 Food Hub Project が、農業や食にまつわるつくり手をお招きし、その方々が学びの「案内人」となる食育学校です。

ゲストが教えるのではなく、つくり手としての現在の景色をみなさんと共有し、参加者も自らの専門性を携えながらお互いの見識を広げる。みんなで学び合う場にすることで、地産地食を様々な地域で「地産地食」を一緒に推し進めていけたらと考えています。

今回の案内人は、中野 公未(さとみ)/ 料理人・加工担当です。

神奈川県出身。都心の居酒屋や定食屋を中心に働く。都会での生き方に疑問を抱き、移住を決意。神山の土地と人に引き寄せられフードハブへ。”今、ここ”でしか経験できない事を、楽しみながら吸収中。

昨年の阿波晩茶づくりの様子がわかる中野の記事、あわせてお読みください。

内容

人手も手間もかかる阿波晩茶づくりは、時代の流れと共にだんだんと割に合わなくなり、今、神山では作り手がほとんどいないそう。そんな神山の阿波晩茶をみなさんと一緒につくるワークショップです。
8月の前半(8~9日)と後半(21~22日)の2回実施します。2日間連続で参加していただくと、ほぼまるごと阿波晩茶づくりを体験していただけます。

1日目:茶摘み(8/8・8/21)
阿波晩茶づくりは、夏の暑い時期に厚くなった茶葉を摘むところからが始まりです。炎天下の茶摘みは体調面で心配も出てくるため、屋根の下の日陰で、枝ごと伐採したものから茶葉を摘みます。

2日目:樽詰め(8/9・8/22)
前日に摘んだ茶葉を洗って熱湯で茹で、擦り器を使って擦り合わせます。擦った茶葉を樽の中に詰めるところまでをみなさんと一緒に行います。その後、2週間以上発酵させた茶葉を天日に干して乾燥させれば完成です。

2日目の午後:晩茶染め(8/9・8/22)
スタッフが、晩茶の発酵液を使って晩茶染めをします。ご興味のある方はぜひご一緒に。

*いずれも雨天決行です。

日時

茶摘みと樽詰めを続けて体験できる【2日連続】の体験がおすすめですが、1日だけの参加も可能です。
① 8/8 (木) , 9 (金)
② 8/21 (水) , 22 (木)

*茶摘み&樽詰め:8:00~11:00
*かま屋でごはん:11:15~12:00
*晩茶染め(9日・22日のみ):13:00~15:30

場所

1日目(8/8・8/21)茶摘み
民家(神山温泉近く)…お申し込みされた方にご連絡します。
*屋外の日陰で作業します。

2日目(8/9・8/22)樽詰め&晩茶染め
下分加工場:下分公民館( 〒771-3421 徳島県名西郡神山町下分今井125−3)向かい
*扇風機はありますが、冷房がない施設での作業です。

昨年の茶摘みの様子

定員

10名様(お子さまの参加も歓迎です。でも暑いので無理のないよう…)

参加費

1日:¥3,240(税込 / 高校生以上)
2日間:¥5,400(税込/ 高校生以上)
*かま屋のお昼ごはん(2日間の方は2食分)、完成した阿波晩茶(お一人様 1袋)付き

阿波晩茶染め:¥540(税込/ 高校生以上)
*阿波晩茶とおやつ付き

持ち物

茶摘み&樽詰め
軍手・帽子(茶摘み)、エプロン、バンダナ(髪の毛混入防止)、タオル、飲み物、暑さを和らげるアイテムなど

晩茶染め
染めたいもの(箸袋、手ぬぐいなど)

お申し込みはこちら ▶︎ ▶︎ 【お申し込みフォーム

ちょっと詳しく…阿波晩茶のこと。

かまパン&ストアでも販売している阿波晩茶は、昨年、地域の方々にご協力いただきメンバーらがつくった阿波晩茶です。わたしも作り手の一人に加わりました。

「後発酵」といわれる製法で作られるこのお茶は、夏場の暑い時期に厚めの茶葉を摘み、乳酸発酵させてできるお茶。飲んだ後のわずかな酸味がクセになります。作り手の一人になってみて知ったことは「最初から最後まで、全てが手作業」ということ。手をかけ時間をかけて作られたお茶が完成した時のありがたみったら…。厚めの茶葉を選び、力をかけて擦り、圧をかけて寝かせ(発酵させ)、天日に干して乾燥…完成までに1ヶ月強を要します。かまパン&ストアや ONLINE SHOP でもリピートしてくださる方も多く、人気商品となっています(昨年度製造分は完売となりました)。その年の気候、茶葉の状態によって味や香りも変化するため、その製造工程にかかわっていただくことで、いつも以上にお茶の風味や味わいを楽しんでいただけるのではないかと思っています。

みなさんと一緒につくる「阿波晩茶」がどんな風味になるのかは、完成までのお楽しみ◎

そして、晩茶づくりの “副産物” 的なお楽しみ。昨年、阿波晩茶の発酵液でメンバーらが「染め」をやってみました。

数ヶ月経ち、色落ちしている晩茶染めのエプロン。

阿波晩茶づくりに参加された人たちの中から、興味のある人がいればこちらもご一緒しませんか(+¥540)。染めるものはご自身で染めたいものをお持ちいただき、メンバーらといっしょにお喋りしながらゆるゆると染める感じになります(阿波晩茶、おやつ付き)。

フードハブでは、夏の阿波晩茶だけでなく、冬には「寒茶」もつくっています。茶葉の不思議。お茶文化のおもしろさ。あわせてお読みください。→ 風景が目に浮かぶ日常のお茶「寒茶」、できました。

お申し込みはこちら ▶︎▶︎ 【お申し込みフォーム】 

あわせてオススメ

今年度は「一からつくるお弁当」をテーマに、地産地食の学校(神山産のものづくり)を企画しています。ご興味があれば、別の回もあわせてどうぞ…(順次UPしていく予定です)!!

近日中のイベント

前へ次へ 閉じる