【地産地食の学校_12】
箸をつくろう〜梅の剪定枝を使って〜

【地産地食の学校_12】<br/>箸をつくろう〜梅の剪定枝を使って〜
場 所
かま屋
日 時
① 8/2(金)
② 8/3(土)
いずれも
10:00~11:00 箸づくり
11:00~12:00 みんなでごはん
*お箸づくりの作業は20分程度です。
*名入れできます。

◆案内人
チキータこと 織田 智佳さん

◆お申し込み
要予約
こちらのサイト内下部の【お申し込みフォーム】よりお願いします。

【地産地食の学校】は、神山の農業を次の世代につなぐ会社 Food Hub Project が、農業や食にまつわるつくり手をお招きし、その方々が学びの「案内人」となる食育学校です。

ゲストが教えるのではなく、つくり手としての現在の景色をみなさんと共有し、参加者も自らの専門性を携えながらお互いの見識を広げる。みんなで学び合う場にすることで、様々な地域で「地産地食」を一緒に推し進めていけたらと考えています。

今回の案内人は、チキータこと織田智佳さん。

徳島市生まれ。東京からのJターンで神山に移り住んで4年。この春まで神山町地域おこし協力隊として活動され、現在は神山の食や季節の手仕事をとおして“都市と里山をつなぐ”活動をされています。神山に来る前は、南米で暮らしたり、教育関係や国際協力の仕事だったり…聞けばいろんなお話が出てきそう…。当日、お箸を作りながらお話を伺うことにしましょう。

内容

剪定した梅の枝(ずばい)を使って、ナイフで削りながらお箸をつくります。選ぶ枝によって、さまざまな長さや太さの箸をつくることができます。

*箸づくりの作業時間は20分程度です。

*焼きペンで名入れ作業もできます(お子さまは付き添いの方とご一緒に)。

日時

① 8/2(金)② 8/3(土) いずれも10:00~12:00

10:00~11:00 箸づくり
11:00~12:00 かま屋でみんなでごはん(つくりたてホヤホヤの箸を手に!)

場所

かま屋(晴天時は外のベンチ)

定員

10名さま程度 

*お子さまとご一緒の参加も歓迎です。作業はナイフを使いますので、お子さまの様子は付き添いの方が見ていただくようお願いいたします。

参加費

大人:¥2,160(税込)

*かま屋のごはん・作った箸(何本でもどうぞ)・神山ルビィ(梅干し)の試食とお土産付き

子ども:¥0(昼食代は実費ご負担ください)やすりがけのお手伝いや、5歳くらいからナイフを使った作業もできます。

ちょっと詳しく…梅の枝とお箸のこと。

食育係の樋口です。今回の案内人、チキータこと織田智佳さんとごはんをご一緒したときのこと。カバンからスルスルと「マイ箸」を取り出して「いただきます」をしているではありませんか。聞いてみると「自分のお箸を使うとごはんがおいしく食べられるんよね」という答えが返ってきました。食べる道具に愛着がわくとごはんがおいしくなる、というささやかな喜びが日常にあると、ちょっぴり豊かな気持ちで過ごせる気がします。食べる道具が自分でつくるものならなおさらですね。

チキータの箸づくりをまだ知らなかった昨年6月のこと、高校の授業で森さん(阿川)の梅畑に伺い、収穫体験をさせていただきました。> その時の様子はこちら

11月に再び畑にお伺いしたときは、ちょうど梅の枝を剪定しているところでした。天上に向かってまっすぐに伸びる梅の枝。お正月の生け花にも使われるため、時間があるときに剪定し、出荷するとお聞きしました。

今回のお箸の “もと” は、この剪定枝です。

チキータから「梅の枝でお箸をつくる」と聞いた時、「あの枝で!!」ととても身近に感じました。

箸づくりの様子(チキータさん提供)

そして、自分でつくった箸が食卓に登場したらうれしいな、と。

枝の個性はそれぞれですが、口あたりが良い◎と種ちゃん(広報係)。

かま屋の料理人も、菜箸を使ってみました。

2本の箸の間に隙間ができることもあるので、細かいものをつかむ時より、大きなおかずをつかむ時に重宝する、と加地(かま屋料理人)。サイズや枝ぶりの選び方が重要かも。

神山町は梅の産地。その枝を日常のごはんで箸として使うなんて、なかなか楽しい循環です。自分の箸だけでなく、ご家族の分、菜箸…さらに箸袋も作れば(8/10開催「地産地食の学校」箸袋をつくろう)、ますますおいしい時間が過ごせそうです。わたしも皆さんと一緒につくりたいと思います。

お申し込みはこちら ▶︎ ▶︎ ▶︎  【お申し込みフォーム】 

あわせてオススメ

今年度は「一からつくるお弁当」をテーマに、地産地食の学校を企画しています。ご興味があれば、別の回もあわせてどうぞ…!(これから順次お知らせしていきます)

近日中のイベント

前へ次へ 閉じる