【地産地食の学校_11】COOKING 「神山の味」ゆず味噌&こんにゃくづくり

【地産地食の学校_11】COOKING 「神山の味」ゆず味噌&こんにゃくづくり
場 所
かま屋(名西郡神山町神領字北190-1)
日 時
14:00~16:00

参加費:¥2,000(こんにゃく&ゆず味噌のお土産付き)
定 員:10名
持ち物:エプロン・三角巾(バンダナ)・手拭きタオル
メニュー:こんにゃく(自然由来)、ゆず味噌

「地産地食の学校」11回目は、神山町内でこだわりの野菜作りを行っているグループ「里山の会」から、岡本英子さん、森三千子さんの2名を案内人としてお招きし、こんにゃく&ゆず味噌の作り方を紹介していただきました。

【お申し込み受付は終了しました】

里山の会:神山町内でこだわりの野菜を生産しているグループ。食堂「かま屋」にもお野菜を卸していただいています。

今回の案内人:岡本さん、森さんのお二人は「里山の会」のメンバーとして野菜を育てながら、それぞれのご家庭で季節に合わせた「神山の味」を作り続けていらっしゃる方たちです。

岡本さんの畑で採れたこんにゃく芋。

岡本さんの育てたこんにゃく芋から作る手作りこんにゃくは、灰汁(あく)を使って作ります。昔は凝固剤がわりに灰汁を使うこんにゃくづくりが一般的でしたが、現在は、神山町内でも灰汁を使って作っている方はごくわずかで、灰汁の代わりに炭酸ナトリウムや消石灰や重曹等を使っているようです。

せっかくならば、「知らない」ことを学びたい。これを機に、挑戦してみたい。

という里山の会のメンバーのリーダー上地さんをはじめとする皆さんの想いがあり(じーんとします)、今回の「地産地食の学校」では、岡本さんから昔ながらの「灰汁」を使ったこんにゃくづくりを紹介していただけることになりました。

 

神山産の柚子。

森さんからは、手作りこんにゃくによく合う「ゆず味噌」の作り方を紹介していただきます。里山の会のメンバーのみなさんの中でも家庭で材料や分量、手順が少しずつ異なるというゆず味噌。ゆずの保存方法や、ゆず味噌のアレンジなどなど、ゆずにまつわる「生活の知恵」的情報も必見です!

当日は、試食時に「こんにゃく+ゆず味噌」のコラボレーションを味わっていただきます。昨年7月に続き、今回も楽しみなCOOKING「神山の味」。

お料理に興味のある方、「神山の味」を味わってみたい方、こんにゃく芋を見たことのない方、ご家庭のゆずの消費に困っているという方、などなど、町内外からのみなさまのご参加、お待ちしています!

【お申し込みはこちらから】

案内人: 岡本英子さん、森三千子さん(里山の会)

日 時: 2月14日(水)14:00~16:00

場 所: かま屋(神山町神領字北190-1)

持ち物: エプロン、三角巾、お手拭きタオル

メニュー:手づくりこんにゃく、ゆず味噌

参加費: ¥2,000(手作りこんにゃく&ゆず味噌のお土産付き)

内 容: デモンストレーション形式で作り方をご紹介し、試食します。

【お申し込みはこちらから】

近日中のイベント

前へ次へ 閉じる