育てるつなぐ農園

  • 農業は多様な視点をもったクリエイティブな仕事

    面白がってる? 「居酒屋デイブ」用に野菜を用意した時のこと。デイブが仕込みのスタッフにラディッシュを洗わなくてよい、なぜなら、このラディッシュはきれいに洗われて納品されているから、何度も洗うと手間もかかり野菜も傷んでしまうから、と言っていました。

    詳しく読む

    つなぐ農園育てる

    2019年4月2日(火)

    詳しく読む

  • 夫婦で畑に。
    夫婦で畑に。

    農業研修生、11ヶ月目の「いま」

     こんにちは!つなぐ農園、研修生の松本です。2018年4月から農業研修がスタートして、早11ヶ月が経ちました。

    夫婦で畑に。
    夫婦で畑に。

    詳しく読む

    つなぐ農園農業研修

    2019年3月4日(月)

    詳しく読む

  • 絵:大東
    絵:大東

    ちえちゃんの あんな野菜、こんな野菜
    「菜の花」(2019年3月号)

      かつて「ナノハナ(菜の花)」は、ナタネ油の花のことを指していました。近年一般的には、アブラナ科のアブラナ属すべての花のことを指し、野菜としての意味も含み、大きなくくりで使われています。

    絵:大東
    絵:大東

    詳しく読む

    詳しく読む

  • 田畑で過ごした幼少期

    農業長の白桃です。今回は私が子供の頃の話をしたいと思います。  私は小さなころから、今では珍しい大家族でした。1番多いときには、「曽祖父、曾祖母、祖父、祖母、父、母、叔母さん、妹」の9人家族でした。

    詳しく読む

    つなぐ農園育てる

    2019年2月19日(火)

    詳しく読む

  • 絵:大東
    絵:大東

    ちえちゃんの あんな野菜、こんな野菜
    「ルッコラ」(2019年2月号)

    ルッコラは、地中海原産のアブラナ科の一年草で、ハーブ・葉野菜に分類されます。ピザのトッピングやパスタなど、イタリア料理によく使われることから、日本に広まりました。

    絵:大東
    絵:大東

    詳しく読む

    詳しく読む

  • たくさんのご協力ありがとうございました!
    ☆☆さつまいもレスキュー☆☆

    野菜係の大東千恵です。 さつまいもを作りすぎました…在庫が1トン(1000kg)以上。 寒さで傷んでしまう前に、まだ美味しくいただけるうちに、食べてもらえたらうれしいです。

    詳しく読む

    詳しく読む

  • 人参
    人参

    ちえちゃんの あんな野菜、こんな野菜
    「人参」(2019年1月号)

    徳島県は人参の生産量が通年で全国3位! 特に、冬に種をまき春先に収穫する人参の生産量は日本一! 県内で大きなビニールのトンネルを見かけたら、人参が栽培されていることが多いです。

    人参
    人参

    詳しく読む

    詳しく読む

  • 里芋
    里芋

    ちえちゃんの あんな野菜、こんな野菜
    「里芋」(2018年12月号)

    神山町は雨が多く湿度が高いので乾燥しにくく、里芋の栽培に適しています。

    里芋
    里芋

    詳しく読む

    詳しく読む

  • 春菊
    春菊

    ちえちゃんの あんな野菜、こんな野菜
    「春菊」(2018年11月号)

    春菊は、地中海沿岸が原産。ヨーロッパでは観賞用に栽培されていて、食用にしているのは東アジアだけです。春に菊のような花が咲くので「春菊」と呼ばれます(観賞用の菊の花期は秋です)関西では「菊菜」とも呼ばれています。

    春菊
    春菊

    詳しく読む

    詳しく読む

  • すだち
    すだち

    ちえちゃんの あんな野菜、こんな野菜
    「すだち」(2018年10月号)

    すだちのシーズン到来!神山町は生産量全国一。5月の初めには町中にすだちの花のふわっと甘い香りが漂い(桃源郷のよう…)、8月末から収穫が始まります。9月〜10月は、稲刈りとすだちと秋冬の野菜の植え付けの時期が被り、神山の農家は大忙しです。 そんな神山のご飯は毎日すだち。ビールやすだちスカッシュなど、炭酸がしっかりとした飲み物にもぴったりです。そば米汁にスライスしたすだちを入れるのがお気に入り。さっぱりとした味わいと香りが口に広がり、おかわりが止まりません! つなぐ農園では、減りつつあるすだち農園を有機栽培に切り替え、次の担い手に引き継ぎます。繋いでゆくすだちは古木であったり、長いこと選定されていない木であったりと、手入れに手間がかかります。栽培期間中、化学肥料・化学的合成農薬不使用ですが、病気が多発してしまうこともあり、有機JAS適合の農薬を使った「特別栽培」の基準で栽培しています。 8月末〜10月下旬は、青々として香り高く、酸味が強い、バランスの良いすだちの最盛期。12月中旬〜1月中旬は、黄色に完熟してまろやかな酸味と甘みがたっぷりです。時期ごとの変化を味わいながら、すだちをみんなでつないで行きましょう!

    すだち
    すだち
前へ次へ 閉じる