城西高校神山分校生活科の3年生と「一からお弁当」づくり、始まりました。

授業レポート食育

町内唯一の農業高校、城西高校神山分校とフードハブの記録。

昨年からフードハブと教育連携している城西高校神山分校の3年生生活科の生徒たちと、今年は「一からお弁当」をキーワードに、秋の神農祭に向けたお弁当づくりの授業がスタートしました。

昨年のお弁当づくりの様子

今年のキーワードは「一からつくる」。

「一から」ってどういうこと?

それをみんなで共有したいと思い、5月にドキュメンタリー映画「カレーライスを一からつくる」を全校生徒で鑑賞しました。(その時のレポートは、こちら。)

自分たちで収穫した米や野菜を使ったお弁当なら「一から」作れるんじゃないか。

だから、今年は田植えを一緒に体験することから始めました。

田植え

今回は、機械で植える様子を見てもらいました。植えた米の品種や、苗になるまでの様子を白桃から話します。

右:農業長 白桃  中央:農園係 渡邊

3年生の生徒2名が「田植え機に乗りたい!」と志願しました。茂さん(フードハブ・農業指導長)と一緒に田んぼの中を進みます。

初めて経験する田植え機、楽しそうです。

機械では植えられなかった場所や、間が空いてしまった箇所に、手で苗を植えていきました。

裸足で田んぼに入っていく3年生たち。

リサーチ(他校と企業が開発したお弁当をいただく)

田植えのあとは、(有)エイブルフーズさんで販売されている「すだちくん弁当」をみんなで一緒に食べました。

フードコーディネーターの方と、徳島の高校生(吉野川高校給食ビジネス科)と、エイブルフーズさんがタッグを組んで開発されたお弁当。同じ高校生がかかわっているお弁当ということで、食べながら学ぶことがたくさんあったようです。

「すだちくん弁当」みんなで試食。

神山町で作られているお弁当を知る

6月には、神山町スキーランドホテルの地中さんをお招きし、神山町産の食材でつくる「神山のお弁当」のお話をしていただきました。

地中さん。

この日、作ってきてもらったお弁当もフルーツ以外は神山町産の食材がぎっしり。

地中さんの作ってくれたお弁当に「わ〜」と歓声が上がり、生徒たちは残さず完食。お弁当をいただきながら、神山町のこと、神山で採れる食材のこと、おいしく仕上げる調理のコツを教えていただきました。

魚も地中さんが獲ったもの。

生徒たちからの質問にも丁寧にアドバイスをしてくださいました。

実際にお弁当を作られている方のお話は、生徒たちの心にも響いたようです。

生徒たちの感想

・料理のプロのお弁当、すごくおいしかったです(多数)。

・こんにゃくづくりや野菜の収穫したい。

・ねり物を作ってみたい。

・お弁当に神山でとれたデザートを入れたい。

・酢のものを入れることがいいと思った。

・すだちをいっぱい使いたい。

・時間が経ってもおいしいお弁当がいい。

・神山の食材をもっと使いたい。

・自分たちがつくるお弁当をいろどりよくしたい。

・実際、地中さんのお弁当を食べてみて思ったことが「800円でこんなにおいしいものが!」でした。

・量やいろどり、調理の仕方、とても参考になりました。

・鶏が簡単な作り方なのにやわらかくてすごくおいしかった。

・魚を揚げるとき、おいしくあげられるにはどうしたらいいのか?私ではおいしく魚を揚げるのが難しいです。

・次回のお弁当作りでは、今日くださったアドバイスを活かして、味のバランスと食材に気をつけたものにしたいです。

地中さんのお話を聞いて、それぞれ思うことがあったようです。「一からお弁当」、どこまでできるでしょうか…。

次回の授業は、夏休み明けの9月から始まります。

この日誌を書いた人

樋口明日香

食育係
樋口明日香 (ひぐち あすか)

食育係/パン先生。徳島市出身。 神奈川県で小学校教員として働いたあと2016年に徳島に戻り、フードハブに入社。現在は、保育園児から高校生までの子どもたちの食と農の取り組みにかかわっている。一番好きな食べものは、みそ汁。

その他の活動

前へ次へ 閉じる