小学校5年生とのもち米づくりー5月17日:種を選別しようー

授業レポート食育

前回 (昨年の取り組み)からの続き。
2017年5月17日<種の選別>
最初は種(タネ)!から始まるもち米じゃんけんから、今年度のもち米の授業が始まりました。70年以上自家採種をしたきた神山町の気候・風土にあったもち米(通称:よごれもち)。20年以上前から小学校の前の田んぼで田植え・稲刈りに関わってきたフードハブ農業指導長・白桃茂と農業チームその他メンバーが加わり、賑やかに始まりました。

ラッキーなもち米じゃんけんチャンピオンが決まったところで、今日の本題へ。

ー6年生から引き継いだ種ー
6年生から引き継いだもち米の種が、どうやって育てられて、5年生のところへやってきたのか、昨年の取り組みと合わせて伝えました。神山町の白桃家で70年以上継いできたもち米。さらに、今年は昨年度の5年生(現6年生)が育てたもち米からとった種を使ってもち米を育てます。

6年生から引き継いだもち米の種。

ー種の選別ー

塩水で種を選別 → 60℃のお湯で消毒 → 32℃で芽出し します。

今日は、みんなで種の選別を行います。
教えてくれるのは、農業長・白桃の祖父、白桃ひでゆきさん。昔からやっている方法を教えてくれます。

塩分濃度は、生卵が浮いて10円玉くらいの大きさで顔を出すくらいがちょうど良い。

最初は沈んでいた生卵が、塩を入れるたびに浮いてきて、10円玉くらい顔を出しました。

生卵を使って塩分濃度をはかる方法、初めて知りました。機械や道具がなくても、身の回りにあるものでこうしてなんでもやってしまう先人の知恵、すごいと思います。

戦後、塩は貴重品。手に入れるのは難しかったそう。当時は、地域の人たちが集まって大きなたらいに塩水を張り、順番にその塩水の中に種を入れて選別していたそうです。

選別するのにちょうどいい塩水が完成したら、いよいよ種の選別です。

種を完成した塩水に浸します。

沈んだ種は、植えられる種。浮いてきた種は、残念ながらここでさようなら。

<選別> 浮き上がってきた種を除いていきます。

1人ずつ、少しずつ、やってみます。

22名の子どもたち全員がやったあとは、担任の先生、校長先生、と続きました。

ー選別した種を、洗うー

選別した種。量は減ってしまったけれど大事な種です。

選別した種の塩水をきれいに洗い流します。

塩水がついたままだとよくないから、何度も何度もすすぎました。

作業をしながら、ちょっとしたコツを教わります。

学校のあまり行き来のない廊下に広げて乾燥させました。種が重ならないように、何度か種を返しながら2、3日置いて乾燥させます。

子どもたちの真剣な表情がとてもいい。

乾燥させた種を預かり、
60℃で消毒。
そして32℃で発芽させて、いよいよ種まきです。

5月30日に実施した種まきの様子はまた次回レポートします。

この日誌を書いた人

樋口明日香

食育係/パン先生
樋口明日香 (ひぐち あすか)

食育係/パン先生。徳島市出身。神奈川県で小学校教員として働きながら「白崎茶会」認定のパン先生となる。2016年に徳島に戻り、フードハブの存在を知りビビッときて入社。「手を使うとおいしくなる人」を目指して自宅で日々のストック作りとぬか漬け実践中。

その他の活動

前へ次へ 閉じる