小学校5年生との「もち米づくり」が今年も始まりました。昨年の様子から振り返り。

授業レポート食育

2016年の5年生 / もち米収穫後の「はでかけ」の様子
2016年の5年生 / もち米収穫後の「はでかけ」の様子

フードハブに入社し、初めて知る農業のイロハ。
小学生と農業を通して関わりをもつ時間は、多くを学べる貴重な時間でもあります。小学生と一緒に学んだこと、知ったこと、感じたことをレポートしていきたいと思います。

–小学校でのもち米づくりの経緯–

神山町立神領小学校のもち米づくりの始まりは、今から20年以上も前に遡ります。
学校の目の前にある田んぼでフードハブ農業指導長の白桃茂が「子どもたちが『農業』に興味をもつきっかけになれば」との思いから始めたそう。

子どもたちに鎌を使った稲の刈り方を教える白桃茂(農業指導長)。

もち米の種は白桃家で70年以上自家採取(育てた稲から種を採って翌年種を植えることを繰り返し)してきた種。70年以上前のもち米なので、品種名はありません。
普通の白米よりも黄色いことから、おじいちゃんたちは「よごれ餅」って呼んでいるそう。

これが、70年以上種を継いできたもち米

神山の土地で代々継がれてきた種は、神山の気候、風土にあった粘りのある強くて美味しいもち米になります。

–昨年のもち米づくり–

このもち米、昨年度は化学肥料を一切使用せず、農薬の使用を大幅に減らして栽培しました。
その分、水の管理(深く水を張り続ける・水温を高めに保つ)や除草作業にかかる時間と人が増えました。フードハブ農業長の実家の白桃家はもとより、地域の方々の協力があって収穫できたもち米です。
昨年の5年生は、収穫したもち米を使って調理し、お世話になった地域の方々に「ありがとうパーティー」で振る舞い、稲わらでしめ縄を作ってお正月を迎えました。さらには、収穫したもち米を教室で乾燥させ、種籾を次の5年生へ渡し、校内で種を繋いでいこうとしています。

地域の人たちを「もち米料理」でおもてなししたありがとうパーティー

収穫した稲藁を教室で「はでかけ」している様子

しめ縄づくりの先生は、白桃さん(フードハブ農業長白桃薫の祖父)

–今年のもち米づくり–

今年も、5年生とフードハブのもち米づくりが始まりました。
今年度は、化学肥料の使用は引き続きゼロ、農薬の使用もゼロで進めていきます。
「やれる作業はできるだけ子どもたちと一緒にやりたい」と話す先生と、22名の子どもたち。

まずは「種の選別」から始めることにしました。
その様子は次回。

つづく。

 

この日誌を書いた人

樋口明日香

食育係
樋口明日香 (ひぐち あすか)

食育係/白崎茶会認定パン先生。徳島市出身。 神奈川県で小学校教員として働いたあと2016年に地元徳島に戻り、フードハブに出会う。保育園から高校までの子どもたちの食と農の取り組みにかかわりながら「みんなでつくる地産地食」を模索中。一番好きな食べものは、みそ汁。

その他の活動

前へ次へ 閉じる