ストローでつくり隊、集まりました。

つくる食育

第1回 ストローでつくり隊
第1回 ストローでつくり隊

食育係の樋口です。

フードハブで栽培していた小麦の収穫が終わりました。この小麦は白桃(FHP農業長)の家で自家製の味噌や醤油にするために70年以上継がれてきた小麦です。

城西高校神山校の1年生がこの小麦を手刈りしました。今回収穫した種の一部を保管し、秋には別の場所(使われていない畑)をお借りしてこの小麦を栽培しようと準備を進めています。

収穫した小麦は、選別し、かま屋の奥にある石臼の機械で製粉され(地道な作業)、パン職人や料理人らが手を加え、パンやおやつになってみなさんに届きます。

それだけではなく、残されたたくさんの麦藁がストローとして使えることを知りました。しかも、誰でも簡単につくれることがわかったんです。ストローって、もともとは「麦わら=straw」そのもの。

そんなわけで、本日、第1回目の「ストローでつくり隊」の時間を持ちました。

言葉どおり、ストロー(麦わら)を使って何かを作ってみたい人たちが集まる場です。

個人のfacebookで呼びかけたところ、KULUSKAの藤本さんご夫妻、近藤奈央さん、織田智佳さんなど…夏の「地産地食の学校」を一緒に開く案内人の方々が一堂に会する時間になりました。

*月末には、夏の「地産地食の学校」をご案内できそうです。お楽しみに。

13時過ぎから17時くらいまでかま屋の外の机を「麦わらスペース」にし、道ゆくお客さまたちにもお声がけしながら、9名が手を動かしました。

かま屋で食事を終えた常連のお客さまに「うわー、こんなことしてるんやー、いいわいいわ、今はプラスチックが主流やもんねーいいわー」って言われてちょっとうれしくなるという。

ストローをつくる方が多かったのですが

かわいらしいヒンメリを作られたのは直紀さん。

かんざしにもなりました(これは思いつかなかった)。

その後、かま屋カフェで休憩。

“すだちハニーラッシー”、作ったばかりの麦わらストロー添え。

まだまだ麦藁はたくさんあります。「ストローでつくり隊」、今後も開催予定です。今回来られなかった方々も、次回ぜひ。

#ストローでつくり隊

先日収穫した神山小麦(70年以上継がれているもの/無農薬・無化学肥料栽培)の藁をストローにしてかま屋で使っているのですが、いい感じで使えます。作りたい人、作りませんか?の会。

せっせと作れば1時間で100本近くつくれます。
もちろん、作ったものはそのまま全部お持ち帰りください。ストローを持ってかま屋でお茶していただいても◎

ゆるゆるとやっておりますので、ふらっとお気軽にお越しください。

場所:かま屋外のテラス付近
持ち物:ハサミ、バケツ(洗うのにあると便利)、など
*こちらでは麦藁のみ準備します。

次回開催は未定ですが、月一回くらいできればいいなぁと思っています。

この日誌を書いた人

樋口明日香

食育係
樋口明日香 (ひぐち あすか)

食育係/白崎茶会認定パン先生。徳島市出身。 神奈川県で小学校教員として働いたあと2016年に地元徳島に戻り、フードハブに出会う。保育園から高校までの子どもたちの食と農の取り組みにかかわりながら「みんなでつくる地産地食」を模索中。一番好きな食べものは、みそ汁。

その他の活動

前へ次へ 閉じる