食堂の産食率について(2018年11月)

食べる

11月の食堂産食率
11月の食堂産食率

本格的に冬を感じるような寒い日が増えてきました。

11月の産食率「53%」

端境期を越え、里山の会さんからは菊芋やヤーコン、まくわうり、春菊など新しい顔ぶれのお野菜が届きました。

かぶ、大根の間引き菜もたくさん採れ出したので、味噌汁やおひたし、煮物に。

実の方はもう少しおいておいた方が味がのる!という上地さんの言葉を信じ、楽しみに待ちました。

産食率としては、玉ねぎやじゃがいもなどの根菜類は町外産と言うこともあり、50%をきる週もありましたが、つなぐ農園のレタス、わさび菜、ルッコラ、水菜などの葉物を農園サラダにたくさん使用し、上昇しました。

この日誌を書いた人

加地 美咲

かま屋料理人
加地 美咲 (かじ)

その他の活動

前へ次へ 閉じる