ちえちゃんの あんな野菜、こんな野菜
「人参」(2019年1月号)

ちえちゃんのあんな野菜、こんな野菜つなぐ農園育てる

人参
人参

徳島県は人参の生産量が通年で全国3位!

特に、冬に種をまき春先に収穫する人参の生産量は日本一!

県内で大きなビニールのトンネルを見かけたら、人参が栽培されていることが多いです。

人参

種まきは3月と8月。発芽するまで水を切らさないことがとても大事です。残暑に水を切らさないように水やりするのは大変ですが、神山町は9月の長雨で、人参の発芽には最適だという発見がありました!

2週間なかなか芽が出ずドキドキして、小さな小さな双葉がVサインに開く時の嬉しさといったら!発芽すればできたも同然です。また、人参は発芽率も低いので、多めに種をまくようにしましょう。ちびっこの人参はまわりの人参と競いながら成長します。1粒でまいたりスカスカだとなぜか育ちが優れない。寂しがりやかも(笑)。

人参の収穫

小さな人参は優しい甘みで、葉はパセリのように使ったりかき揚げにすると美味しいです。収穫期の人参んは味がしっかりとして甘みも強くなります。抜きたての香りの良さ、たまりません。こどもたちが生でかじっても美味しいっ!て言ってくれたら、いいのができたな、と感じます。

絵:大東千恵

冬の人参は、寒さにあたり甘みがのって品質の良いものができます。栽培もしやすく、畑の土の中で保存もできるのでおすすめです。

この日誌を書いた人

大東 千恵

八百屋係/農園係
大東 千恵 (おおひがし ちえ)

その他の活動

前へ次へ 閉じる